教員・研究者紹介

生田 明彦

生田 明彦
教授/機械工学科長
所属 工学部 機械工学科
システム工学研究科
次世代基盤技術研究所
学位 博士(工学)
専門 材料加工、生産加工
ジャンル 科学・技術/新技術
コメント ものづくりの基礎となる各種加工法について、新たな機能を付与するためにかたちを作る加工法として、特に、接合、切削および粉末冶金等について研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0066163

高校生の方へ 研究室紹介

さまざまな切削現象を検証してものづくりに生かす。

高度なものづくりを支える技術の中でも、特にものを削る切削現象について、削る道具と削られる材料、両方の視点で実験を行っている。

学歴/経歴

学歴

  • 1997年4月 - 2000年3月
    広島大学大学院 工学研究科
  • - 2000年
    広島大学 Graduate School, Division of Engineering
  • 1992年4月 - 1994年3月
    琉球大学大学院 工学研究科
  • 1988年4月 - 1992年3月
    琉球大学 工学部
  • - 1992年
    琉球大学 Faculty of Engineering

経歴

  • 2017年 - 現在
    近畿大学工学部 Faculty of Engineering 教授
  • 2007年 - 2017年
    近畿大学工学部 Faculty of Engineering 准教授
  • 2009年 - 2010年
    トロント大学応用理工学部 特別研究員
  • 2002年 - 2007年
    近畿大学工学部 Faculty of Engineering 講師
  • 2002年 - 2007年
    Assistant Professor,School of Engineering, Kinki University
  • 2007年
    - Associate Professor,School of Engineering, Kinki University
  • 2000年 - 2002年
    近畿大学工学部 Faculty of Engineering 助手
  • 2000年 - 2002年
    Research Associate,School of Engineering, Kinki University

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 材料加工、組織制御
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 加工学、生産工学

研究キーワード

工具, 摩擦攪拌, 凝着, セラミックス, 難削材, 切削加工, Adhesion, Ceramics, Difficult-to-machine materials, Machining

論文

  1. Characteristics of material flow in friction stir spot welding tools in consideration of cutting tools
    Akihiko Ikuta
    Welding International  33  (7-9)  281-291  2021年3月 
  2. Characteristics of friction stir spot welding tools in consideration of cutting tools
    Akihiko Ikuta; Thomas H. Notth
    Welding International  33  (4-6)  200-210  2021年2月 
  3. 摩擦攪拌接合に関する研究動向
    生田明彦
    日本塑性加工学会誌  3  (34)  617-620  2020年10月 

MORE

書籍等出版物

  1. 機械・金属材料学 , 黒田大介; 浅田格; 生田明彦; 門井浩太; 兼松秀行; 鎌土重晴; 小林敏郎; 小林正和; 下古谷博司; 二宮隆二; 北條智彦; 松木一弘; 万谷義和; 山崎泰広; 横山誠二; 和田憲幸 , 工具鋼 , 工具鋼 , 実教出版(株) , 2015年9月

講演・口頭発表等

  1. 鋳造と摩擦攪拌プロセスを組み合わせた厚板接合方法 , 生田明彦; A. Gerlich; 旗手稔; 信木関 , 日本鋳造工学会第176回全国講演大会 , 2020年12月
  2. 鋳造と摩擦攪拌プロセスを組み合わせた肉盛方法 , 生田明彦; A. Gerlich; 旗手稔; 信木関 , 日本鋳造工学会第176回全国講演大会 , 2020年12月
  3. 炭素鋼の黒皮除去における切削特性の不安定性 , 岡田将人; 萩野将広; 竹村明洋; 江村聡; 井上孝司; 生田明彦 , 日本鉄鋼協会第180回秋季講演大会 , 2020年9月

MORE

MISC

  1. Properties of Chipping in Alumina Tools Made Using Wet-shaping Process , A. Ikuta; Y. Fukaya; H. Kyogoku; H. Suzuki , Research Reports of the Faculty of Engineering, Kinki University , 44 , 25 , 30 , 2010年
  2. Properties of Chipping in Alumina Tools Made Using Wet-shaping Process , A. Ikuta; Y. Fukaya; H. Kyogoku; H. Suzuki , Research Reports of the Faculty of Engineering, Kinki University , 44 , 25 , 30 , 2010年
  3. Influence of tool thread on the mechanical properties of dissimilar Al-alloy friction stir spot welds , Akihiko Ikuta; Yuhuan Yin; Thomas H. North , Yosetsu Gakkai Ronbunshu/Quarterly Journal of the Japan Welding Society , 28 , 3 , 346 , 354 , 2010年
    概要:The influence of threaded and wear simulated (half-thread) tools on the mechanical properties of dissimilar Al-alloy friction stir spot welds is investigated. The failure load properties of dissimilar A5754/A6111. lap joints produced using wear simulated (half-thread) tools were much poorer in joints made using tool rotational speeds of 1000 and 1500 RPM. Similar failure load properties were produced using these tools, when the tool rotational speed was increased to 2250 RPM. In joints made using a tool rotational speed of 3000 RPM, the failure load properties of joints made using the half-thread tool were higher than those of joints made using the threaded tool. Similar failure load properties were found in A5052/A6061 lap and butt joints made using threaded, half threaded and no thread tools and a tool rotational speed of 1000RPM. Also, the failure load properties of lap joints made using the different tools corresponded with their bonded widths and Y values. The area of the stir zone on the bonded cross-section corresponded with the actual bonded region on the fracture surface of A5052/A6061. butt joints. However, the weld profiles were different from those in A5052/A6061 lap joints. It is therefore suggested that the failure load properties of lap joints are similar when the bonded widths and Y values are similar. In addition, the thread on the cylindrical probe has negligible influence on the mechanical properties of lap joints. The major role played by the thread involves stirring in the vertical direction. Stirring in the horizontal direction is unchanged in joints made using the different tools.

MORE

受賞

  1. 2017年4月, 日本鋳造工学会中四国支部, 片島賞
  2. 2016年4月, 日本鋳造工学会中四国支部, 片島賞
  3. 2011年3月, 溶接学会, 溶接技術奨励賞

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 摩擦攪拌点接合ツールに関する研究
  2. 難削材の凝着機構に関する研究
  3. 難削材切削時の凝着現象の解明

MORE

技術相談