教員・研究者紹介

吉田 大海

吉田 大海
講師
所属 工学部 電子情報工学科
学位 博士(工学)
専門 画像処理
ジャンル 科学・技術/情報技術
コメント 画像処理や動画処理を使用した技術の利点・欠点・可能性と危険性、今後の発展について。または、指定された画像や動画に対する画像処理・動画処理の観点からの所見等
リサーチマップ https://researchmap.jp/7000003862

高校生の方へ 研究室紹介

ディジタル画像処理で迫る人の視覚、人の技術

監視カメラ映像から手描きイラストまで、多種多様な画像・動画をディジタル画像処理技術で解析し、人の視覚情報処理に迫るシステム開発を目指す。

研究活動情報

研究キーワード

領域抽出, 画風変換, 画像処理

論文

  1. テクスチャ解析を用いた更新が容易な津波浸水予測ハザードマップ作成法
    中西 創, 吉田 大海, 飯國 洋二
    土木学会論文集  74  (1)  55-66  2018年8月  [査読有り]
  2. 線分表現に着目した鉛筆画像生成法
    吉田 大海
    画像電子学会誌 The journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan : visual computing, devices & communications  47  (1)  41-51  2018年  [査読有り]
  3. 白線検出のためのマスク処理を用いたワイパー領域修復
    中嶋 研生, 吉田 大海, 飯國 洋二
    画像電子学会誌 The journal of the Institute of Image Electronics Engineers of Japan : visual computing, devices & communications  47  (2)  167-174  2018年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 特別特集 はじめての動画処理プログラム全集 , 吉田 大海 , 単著 , pp.45-109 , CQ出版社 , 2018年7月
  2. AI/VR基礎固め! 新・画像処理101 CD付 , 吉田 大海 , 単著 , pp.16-106 , CQ出版社 , 2017年3月

講演・口頭発表等

  1. IoTやAI技術の基礎となる画像処理 , 吉田 大海 , インターフェース500号記念ワークショップ , 2019年2月
  2. 画像処理の応用例と研究テーマ , 吉田 大海 , 第34回 大阪大学 大学院基礎工学研究科 産学交流会 , 2018年11月
  3. Saliency Mapを用いた単一画像からの霧の除去 , 岩本 健太郎・吉田 大海・飯國 洋二 , 画像電子学会 第286回研究会 in 松本 , 2018年8月

MORE

MISC

  1. 技 基本 基本動画処理 (特別特集 はじめての動画処理プログラム全集) , 吉田 大海 , インターフェース = Interface , 44 , 7 , 50 , 62 , 2018年7月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021587983
  2. Appendix 改造・組み合わせ自由自在! 動画処理プログラムの作り方 (特別特集 はじめての動画処理プログラム全集) , 吉田 大海 , インターフェース = Interface , 44 , 7 , 46 , 49 , 2018年7月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021587976
  3. 新・画像処理大集合 AI/VR/AR時代の合成・認識基礎実験室(第7回・最終回)ARの基礎となる画像処理「領域抽出処理」 , 吉田 大海 , インターフェース = Interface , 44 , 6 , 144 , 147 , 2018年6月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40021559838

MORE

受賞

  1. 2018年12月, 映像情報メディア学会, 優秀研究発表賞, Saliency Mapを用いた単一画像からの霧の除去
  2. 2017年6月, 画像電子学会, 研究奨励賞, 時空間方向のクラスタリングを用いた時空間画像からの視野妨害ノイズ領域検出

競争的資金

  1. 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), VR鉛筆画作成を目的としたレンダリング手法の開発 , 吉田 大海
  2. 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), 空間距離に基づくスクラッチ欠損補間 , 吉田 大海

技術相談