教員・研究者紹介

藤井 大地

藤井 大地
教授
所属 工学部 建築学科
システム工学研究科
学位 博士(工学)
専門 構造解析、構造設計、構造デザイン
ジャンル 文化/現代建築
コメント 建築分野における、構造解析、構造デザイン、最適設計について研究しています。耐震構造、制震構造、免震構造、建築物の地震応答解析、構造設計等の問題についてコメントが可能です。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0087652

高校生の方へ 研究室紹介

荷重を合理的に受け止めるために最適な構造形態を探る。

数学や力学を応用して、合理的かつ柱梁構造にとらわれない建築構造の形態やデザインを研究。また建物を最小のコストで補強する解析技術も手がける。

学歴/経歴

学歴

  • 1984年4月 - 1989年11月
    広島大学大学院 工学系研究科
  • - 1989年
    広島大学 Engineering
  • 1979年4月 - 1984年3月
    広島大学 工学部

経歴

  • 2008年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 教授
  • 2002年4月 - 2008年3月
    近畿大学 工学部 准教授
  • 1999年12月 - 2002年3月
    東京大学 工学系研究科 助手
  • 1989年12月 - 1999年12月
    広島大学 工学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築構造、材料

研究キーワード

計算力学, 構造力学, 構造解析, Computational mechanics, Structural mechanics, Structural analysis

論文

  1. HMPS法とIESO法を用いた有限変形を伴う弾性構造体の位相最適化
    藤井 大地
    日本建築学会構造系論文集  84  (764)  1337-1344  2019年10月  [査読有り]
  2. IESO法を用いた連続体シェル構造の形態創生
    上村紘一; 眞鍋匡利; 松本慎也; 藤井大地
    日本建築学会構造系論文集  83  (745)  459-465  2018年3月1日  [査読有り]
  3. ESO法を用いた高層ビルの制振ダンパー構面配置の最適化
    野村正貴; 松本慎也; 崎野良比呂; 藤井大地
    日本建築学会構造系論文集  82  (742)  1885-1891  2017年12月1日  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 建築構造設計・解析入門 , 藤井 大地 , 丸善出版 , 2017年8月
  2. 建築デザインと最適構造 , 藤井 大地 , 丸善 , 2008年10月
  3. はじめて学ぶ建築構造力学 , 大田 和彦; 藤井 大地 , 森北出版 , 2008年4月

MORE

講演・口頭発表等

  1. Building design using topology optimization method , 渡部桃子; 松本慎也; 藤井大地 , Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017 , 2017年9月28日
  2. Topology optimization of 3D structures using Hamiltonian MPS method and Improved ESO method , 山下真輝; 眞鍋匡利; 松本慎也; 藤井大地 , Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017 , 2017年9月28日
  3. Computational morphogenesis of continuum shell structures using Improved ESO method , 上村紘一; 松本慎也; 藤井大地 , Proceedings of the IASS Annual Symposium 2017 , 2017年9月28日

MORE

MISC

  1. 技術ノート 建築システムのための最適化④ 形の最適化 , 藤井 大地 , 建築雑誌 , 118 , 1512 , 54 , 55 , 2003年12月
    概要:技術ノートとして、構造形態の最適化について、近年の動向と建築分野への応用について述べている。
  2. Composite material design of two-dimensional structures using the homogenization design method , D Fujii; BC Chen; N Kikuchi , INTERNATIONAL JOURNAL FOR NUMERICAL METHODS IN ENGINEERING , 50 , 9 , 2031 , 2051 , 2001年3月
    概要:Composite materials of two-dimensional structures are designed using the homogenization design method. The composite material is made of two or three different material phases. Designing the composite material consists of finding a distribution of material phases that minimizes the mean compliance of the macrostructure subject to volume fraction constraints of the constituent phases, within a unit cell of periodic microstructures. At the start of the computational solution, the material distribution of the microstructure is represented as a pure mixture of the constituent phases. As the iteration procedure unfolds, the component phases separate themselves out to form distinctive interfaces. The effective material properties of the artificially mixed materials are defined by the interpolation of the constituents. The optimization problem is solved using the sequential linear programming method. Both the macrostructure and the microstructures are analysed using the finite element method in each iteration step. Several examples of optimal topology design of composite material are presented to demonstrate the validity of the present numerical algorithm. Copyright (C) 2001 John Wiley & Sons, Ltd.
  3. Composite material design of two-dimensional structures using the homogenization design method , D Fujii; BC Chen; N Kikuchi , INTERNATIONAL JOURNAL FOR NUMERICAL METHODS IN ENGINEERING , 50 , 9 , 2031 , 2051 , 2001年3月
    概要:Composite materials of two-dimensional structures are designed using the homogenization design method. The composite material is made of two or three different material phases. Designing the composite material consists of finding a distribution of material phases that minimizes the mean compliance of the macrostructure subject to volume fraction constraints of the constituent phases, within a unit cell of periodic microstructures. At the start of the computational solution, the material distribution of the microstructure is represented as a pure mixture of the constituent phases. As the iteration procedure unfolds, the component phases separate themselves out to form distinctive interfaces. The effective material properties of the artificially mixed materials are defined by the interpolation of the constituents. The optimization problem is solved using the sequential linear programming method. Both the macrostructure and the microstructures are analysed using the finite element method in each iteration step. Several examples of optimal topology design of composite material are presented to demonstrate the validity of the present numerical algorithm. Copyright (C) 2001 John Wiley & Sons, Ltd.

MORE

受賞

  1. 2020年5月, 日本建築学会賞(論文)
  2. 1997年, 日本建築学会奨励賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 戸建住宅の低コスト動的耐震診断手法の開発
  2. Development of low-priced dynamic evaluation of seismic capacity of detached house

技術相談