教員・研究者紹介

出口 幸子

出口 幸子
准教授
所属 工学部 電子情報工学科
システム工学研究科
学位 博士(情報科学)
専門 人工知能、音楽情報処理
ジャンル 科学・技術/新技術
コメント 人工知能や音楽情報処理の応用研究をしています。順序回路の学習支援システム、即興演奏システム、J-POPの旋律分析および日本伝統音楽の楽譜データベース等を研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0039704

高校生の方へ 研究室紹介

音楽や教育分野において人を支援するためのシステムを開発。

音楽に関する知識を利用して誰でも即興演奏ができるシステムの研究や、学生の理解度に合わせて学習支援をするシステムの研究を行っている。

学歴/経歴

学歴

  • 2001年 - 2003年
    早稲田大学 理工学研究科
  • - 2003年
    早稲田大学 Graduate School, Division of Science and Engineering
  • 1987年 - 1989年
    早稲田大学大学院 理工学研究科
  • - 1989年
    早稲田大学 Graduate School, Division of Science and Engineering
  • 1978年 - 1982年
    早稲田大学 理工学部
  • - 1982年
    早稲田大学 Faculty of Science and Engineering

経歴

  • 2007年4月 - 現在
    近畿大学 工学部 電子情報工学科 准教授
  • 2004年4月 - 2007年3月
    近畿大学 工学部 電子情報工学科 専任講師

研究活動情報

研究分野

  • 情報通信, 知能情報学

研究キーワード

音楽情報処理, Music Information processing

論文

  1. Case Studies of Developing and Using Learning Systems in a Department of Engineering
    出口幸子
    Learning and Collaboration Technologies, Part I, Proc. of the 22nd HCI International Conference  34-48  2020年7月  [招待有り]
  2. 記譜法に関する実験と楽譜表示システムの開発
    出口 幸子
    情報処理学会研究報告  2019-AAC  (10)  (11)1-6  2019年8月 
  3. Multiple Representations of the UI, Score and Scale for Musical Performance System and Score DB
    出口 幸子
    Proc. of the 21st HCI International Conference  Human-Computer Interaction  (Part III)  177-191  2019年7月  [招待有り]

MORE

書籍等出版物

  1. ソフトウェア開発支援環境 , LISPプログラマーズ・アプレンティス , LISPプログラマーズ・アプレンティス , TBS出版会 , 1986年

講演・口頭発表等

  1. カウンタ回路の学習支援システムの使用と改良 , 出口幸子 , 電子情報通信学会2020年総合大会 , 2020年3月
  2. 音楽演奏のための UI と楽譜に関する評価実験 , 出口 幸子 , 電子情報通信学会2019年総合大会 , 2019年3月19日
  3. 数字譜を用いた演奏システムの試用と楽譜・楽曲に関する検討 , 出口 幸子; 篠原 瑠花; 佐々木 敦規; 相賀 將志 , 情報処理学会音楽情報科学研究会 , 2018年8月23日

MORE

MISC

  1. 音楽演奏システムのユーザインタフェースに関する基礎研究 , 出口 幸子 , 音楽知覚認知学会平成28年度春季研究発表会資料 , 87 , 90 , 2016年5月
  2. カウンタ回路の学習支援システムの開発・利用と評価 , 出口 幸子; 髙木章宏 , 電子情報通信学会技術研究報告 , 113 , 67 , 11 , 16 , 2013年5月
    概要:This paper describes the learning system for counter circuits to support experiments. This system explains a state transition by synchronizing a circuit diagram, an explanation text, a timing chart, and a state transition table. This system also uses audio recordings for the explanations. This system provides exercises about the contents. This system was introduced to the experiment for the freshmen of the faculty of engineering. The results of the experiment, the answers of questionnaires, correlations between the result and the answer, and correlations between two answers are analyzed to evaluate this system. The answers of questionnaires are also compared to the answers of questionnaires of the learning system for flip-flop circuits.
  3. 旋律パターンを利用した音楽インタフェースとパターンの獲得に関する研究 , 出口 幸子 , 近畿大学工学部研究報告 , 46 , 69 , 74 , 2012年12月
    概要:This paper describes the analysis of melodic patterns and the improvisation system using 4-note melodic patterns. This improvisation system has a graphical user interface which is composed of pattern area and note area. A user selects a pattern in the pattern area and inputs 4 times in the note area, and then 4-note melodic pattern is generated. This system also has an assistant mode for the rhythm and an automatic playing mode. This system provides a learning function for melodic patterns and a learning function for rhythmic patterns. Both learning functions are based on Genetic Algorithm. Several learning parameters can be set by the users of this system. By using these learning functions, melodic patterns and rhythmic patterns are acquired based on the preference of users.

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. Knowledge Representation of Koto Music

技術相談