在学生の1日

様々な学生のライフスタイルここでは、在学生のある1日をご紹介します。

情報学科[1年]富山県立高岡南高校出身

泉 若葉さん

泉 若葉さん

入学前は不安でしたがすぐに友人もでき、楽しく過ごしています

一人暮らしは不安でしたが、メディアコースがある情報学科は珍しく、どうしても近大で学びたいと思い、一大決心しました。実際に入学してみると、家事も自分でこなせるようになりましたし、すぐに友人もできて不安だったのがウソのようになくなりました。一人暮らしをすることで、買い物に行っても節約を意識してお金の管理がしっかりできるようになり、本当に成長できたなと思います。休日は友人と買い物に行ったりカフェめぐりをしてキャンパスライフを楽しんでいます。

泉さんのある1日

※上記は「学部案内2023」に掲載時の情報です。学年は取材時のものです。

野田 雅さん

野田 雅さん

慣れ親しんだ場所で好きなことが学べる喜びを実感

通学時間は、電車と自転車を使って40分ほど。高校時代から機械に興味があり、工学部のある大学に行きたいと思っていました。地元が西条ということもあり、慣れ親しんだ東広島市で落ち着いて勉強ができる環境を選択しました。仲の良い友達もたくさんでき、学内ではいつも一緒に行動しています。勉強以外にもクラブ活動やボランティア活動など、大学は楽しい出会いが沢山ある場所です。興味を持ったことにはぜひチャレンジしてみてください。

野田さんのある1日

化学生命工学科[2年]和歌山県・和歌山信愛高校出身

藤原 千聖さん

小田 祐未花さん

ONとOFFを切り替えて充実した大学生活を送っています

大学近くで一人暮らしをしてます。日々の家事など大変なこともありますが、高校時代に比べて自由な時間が増えました。東広島はのどかな場所なので、勉強や研究に集中しやすいと思います。講義の空き時間には、メディアセンターのパソコンで実験のレポートを作成。時間を有効活用するなど、大学生活にも徐々に慣れてきました。休日は大学で知り合った友達と広島市街へ買い物に。キャンパスライフとプライベートを両立させて、楽しい毎日を過ごしています。

藤原さんのある1日

※上記は「学部案内2021」に掲載時の情報です。学年は取材時のものです。