総合経済政策学科について

総合経済政策学科について

総合経済政策学科では、公的部門あるいは民間部門の企画・立案を題材に、学生の考える力をより深く鍛えます。少人数教育により教員と双方向で交流できる他、現場から考えるフィールドワークなどを重視しています。企画・立案して他人を説得する能力を磨くことにより、卒業後に地方自治体や企業をはじめとする幅広い分野で活躍できる人材を養成します。

学部要項(進級・卒業要件)はこちら

公共政策分野

国や地方自治体など公的部門が抱える政策課題や対応策を探求する

公共政策分野は、日本経済や地域社会のより良い未来を実現するため、高い政策立案能力とリーダーシップを発揮できる人材の育成を目的とします。 地球的規模での環境問題、少子高齢化が進展する中での年金、医療などの社会保障の在り方、中小企業が存在する一方で寡占による不完全な競争、規制緩和と格差社会、過疎の進行による地域社会の崩壊がある一方で、過密による都市問題、地方分権の推進とその財源問題、人々の多様な公共サービスへの欲求に対するNPOの育成など、経済社会が抱えるさまざまな問題の解明とその対策を現代経済学の成果に依拠して学びます。

企業戦略分野

企業の戦略立案をはじめ民間部門の活動に経済学などの高度な応用をめざす

今日、企業が発展するために、的確な企業戦略を創り、リーダーシップを発揮する人材が求められています。 不確実な経済社会では、種々な経済政策手段の動向を知り、それらが経済に与える影響のメカニズムを理解して初めて的確な企業の意思決定ができます。このような経済政策についての分析手法を学ぶとともに、情報処理能力の向上を図ります。その上で、企業の資金調達、生産、投資や人事に関する意思決定とコーポレートガバナンス(企業統治)に関する現代経済学の考え方を学ぶことによって、企業の戦略立案能力を身につけます。

TOPICS

フィールドワークⅠ・Ⅱ

地域の現場を実際に訪れ、問題点を自らの目で確かめる

総合経済政策学科のみで開講される実習形式の講義です。地域の「現場」を実際に訪れ、自分たちで調査し、その内容を発表します。受講生の関心に応じて、企業、地方自治体、商店街、NPO法人などを訪問し、地域の活動に携わっている人々と議論を深めることで課題を明らかにします。経験豊富な複数の教員が緊密に連携しながら講義を担当するので、きめ細かで的確なアドバイスを受けることができます。

フィールドワークの体験が新たな興味を引き出す

政策を学ぶということは、現実の課題にどう対処するかを自分で工夫・考察する経験を積むことです。フィールドワークでは、受講生のグループが主体となってテーマを決め、計画をし、訪問先を選びます。教室の講義では経験できない実践的な学修ができます。事前調査で分かることと、実際に見聞きしたことを考え合わせて学んでいきます。フィールドワークを体験することで、また新しいことに興味をもつきっかけにもなります

中国(上海・蘇州)での調査1

2016年度 中国(上海・蘇州)での調査

中国(上海・蘇州)での調査2

主役は学生です

日帰り調査だけでなく、泊りがけで行う合宿調査もあり、近年は海外でも調査をしています。2016年度は中国の上海を訪れ、巨大市場・中国への日系企業の事業展開を調査しました。2018年度はベトナムのホーチミンを対象に、日系工業団地の開発や日系企業の進出状況、社会主義国における市場経済の動向など、幅広いテーマ・地域の研究を行っています。

ベトナム(ホーチミン)での調査1

2018年度 ベトナム(ホーチミン)での調査

ベトナム(ホーチミン)での調査2

経済学部語学留学プログラム

経済学部独自のプログラムで、3年次前期に20人程度を選抜して海外語学留学に派遣します。約4カ月間の語学留学を通して、真のコミュニケーション能力を育てます。留学先大学の授業料はすべて経済学部が負担します。