学生が「第8回 全国学生英語プレゼンテーションコンテスト」にて「トップ50賞/TOP 50 PRIZE」に入賞

2019.12.17

  • 生物
  • 遺伝子

2019年11月に開催された「第8回 全国学生英語プレゼンテーションコンテスト(The 8th Annual All Japan Student English Presentation Contest)」にて、生物工学科4年・武智 直之さん、生物工学科4年・マハラジャン プラディプさん、遺伝子工学科4年・東 真里奈さんらのグループが、「トップ50賞/TOP 50 PRIZE(2次予選の得点上位50組)」に入賞しました。

学生らは「世界を救え!食品ロスの削減を提案」をテーマに、新素材の段ボール開発を手掛ける企業に協力いただき、流通やSDGs、食品ロスを減らす方法に関して発表しました。

東さんは3年連続、武智さんは2年連続で本コンテストに出場しており、今回新たにマハラジャンさんが加わり、トップ50入賞というすばらしい結果となりました。