サポート体制

1年次から段階的にキャリアサポートを展開!

世間的に皆が就職活動をスタートさせる時期になってから、ようやく自分も動き出すようでは、ライバルに差をつけるのは難しい。そこで生物理工学部では、全学生を対象に、1年次のうちから計画的にキャリアサポートを進めていきます。

就職サポートカレンダー

就職サポートカレンダー

生物理工学部独自のキャリアサポート

企業にアピールできる資格取得を強力に後押し!

大学で学んだ知識を就職活動時にアピールできるよう、生物理工学部オリジナルの認定資格を設置。所定の科目を履修し、実学を重視したバイオ実習に参加することで取得可能です。また、臨床工学技士の国家試験受験資格(医用工学科)やHACCP管理者の資格(食品安全工学科での所定科目履修が条件)、二級建築士の受験資格(人間環境デザイン工学科での所定科目履修が条件)も取得できます。さらに、TOEICの試験を学内で実施し、語学力の修得も応援しています。

生物理工学部で取得できるオリジナル資格

・バイオテクノロジー2級技能士

内定を勝ち取った先輩から生のアドバイスがもらえる!!

生物理工学部では、就職ガイダンスの一つとして内定者からの就職活動報告会を実施。例えば面接での質問内容など、先輩から直接、生きた就職活動情報を収集できるほか、先輩自身の経験を生かした貴重なアドバイスももらえます。また、自宅PCからも閲覧可能な学内就職WEBシステムでも、卒業生が残してくれた採用試験の情報などがチェックできます。

内定を勝ち取った先輩から生のアドバイスがもらえる!!

全国各地、約14,000社の企業からの求人情報を提供!

企業との太いパイプを持つ近畿大学には、毎年数多くの求人が寄せられます。実際、2017年度、近畿大学生物理工学部には約14,000社の企業から求人が寄せられました。これは、学生一人当たりに換算すると約33社という豊富さです。

内定への第1関門、筆記試験の対策講座が無料で受講できる!

2・3年次を対象に、就職試験で必須の基礎学力養成講座(全15回)を実施。講師はSPIなどの筆記試験対策のプロ。また、受講の前と後に模擬テストを実施し、実力の伸びを確認できます。

現場で仕事を学ぶインターンシップが講義で体験できる!

先輩たちにも人気

学生が企業や官公庁などで就業体験を積むインターンシップを、生物理工学部は講義科目「インターンシップ」として開講。企業や仕事のリアルな姿を体当たりで感じ取る経験は、充実した事前・事後教育との相乗効果で、就職活動に向けた貴重な財産になるはずです。

現場で仕事を学ぶインターンシップが講義で体験できる!

大野 彰太さん
食品安全工学科 3年
(大阪府立鳳高校出身)
インターンシップの経験でより自分の進路が明確に

元々食品業界志望だったのですが、さらに業種などを絞り込むために、インターンシップで大手飲食チェーンへ。製造、営業部門の業務を見学させていただきました。製造部門では、講義で学んだ食中毒の回避方法などを実践している現場を見ることができ、学んだことが仕事に役立つ手応えを得られました。営業部門では直接お客様の声が聞け、そこにやりがいを感じていることを聞き、「自分も営業部門で働きたい」とより進路が明確になりました。