就職支援について

総合大学のメリットを最大限に活用!!

東大阪を拠点に和歌山、奈良、大阪狭山、広島、福岡にキャンパスを設置しており、全国の企業から求人依頼があります。学部の垣根を越えた情報を共有することや、総合大学としてのスケールメリットを最大限に活用することにより、円滑な就職活動を展開することができます。

全国出身大学別社長数は、
なんと西日本では第1位!!(6,262名)

近畿大学の魅力の一つとして、卒業生の多さがあげられます。51万人を超える卒業生が、現在も社会の各分野で活躍されており、全国の出身大学別社長数も7位にランクインされ、西日本では、なんと第1位の社長数を誇っています。

全国各地、約14,000社の企業からの
求人情報を提供!

企業との太いパイプを持つ近畿大学には、毎年数多くの求人が寄せられます。実際、2017年度近畿大学理工学部には約14,000社の企業から求人が寄せられました。これは、学生一人当たり換算すると約33社という豊富さです。

現場で仕事を学ぶインターンシップが
講義で体験できる!

学生が企業や官公庁などで就業体験を積むインターンシップを、生物理工学部は講義科目「インターンシップ」として開講。企業や仕事のリアルな姿を体当たりで感じ取る経験は、充実した事前・事後教育との相乗効果で、就職活動に向けた貴重な財産になるはずです。

就職支援

近畿大学生物理工学部就職情報室では、常に「学生の目線」に立った指導を心掛けています。就職のミスマッチをできるだけ避けるために、企業や就職を安易に選ばず、就職サポートに細心の注意を払います。3年時には個別指導、4年時には最終的な応募手順や内定後の取組みについてもアドバイスするなど、個々の就職活動を具体的かつ丁寧に指導します。

WEBサービス

本学の全学生を対象にWEB上で就職に関するさまざまな情報を閲覧できる「就職WEB」のサービスを行っています。「就職WEB」に登録される企業情報は約 5万7000件(2017年度実績)。上場企業をはじめ、近畿大学のOB・OGが就職している企業などの求人情報や企業セミナー情報が得られます。学内だけでなく、自宅などの学外からもアクセス可能。就職活動のツールとして活用できます。

資格・課外講座

近畿大学では、就職活動に非常に有利になる資格取得に力をいれています。特に、世界の舞台に羽ばたけるようTOEICの試験会場を学内に設け、受験料を大学が一部負担しています。また、高いスコアを取得した学生については、英語の単位を認定しています。そのほか各種資格を取得できるよう、さまざまな教育課程や課外講座を開設し、学生を支援しています。

UNIVERSAL PASSPORT(就職関連)

卒業生の方への就職支援について

厚生労働省ホームページ

和歌山県就活サイクルプロジェクト
※和歌山県では、結婚や出産等で離職した女性、定年退職された方、都会で働く人が県内で再び働いていただくため、
2月を就活強化月間と定めた「就活サイクルプロジェクト」に取り組んでいます。