このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • 研究
  • 海上風乱流観測への数値シミュレーションの適用 海洋観測分野において先駆的な研究

研究

海上風乱流観測への数値シミュレーションの適用 海洋観測分野において先駆的な研究

近畿大学理工学部(大阪府東大阪市)機械工学科の准教授 鈴木直弥と准教授 道岡武信、東京大学の早稲田卓爾教授らのグループは、海上の観測塔の測定機器設置場所を検討する数値シミュレーションについて調査し、その適用の可能性を見出しました。

※ くわしくはこちらをご確認ください。

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別