このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧
  • トップページ
  • ピックアップ
  • 「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」プロジェクト中林和輝さん等グループの論文が、学術雑誌において2016年巻頭号の表紙を飾りました!

ピックアップ

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」プロジェクト中林和輝さん等グループの論文が、学術雑誌において2016年巻頭号の表紙を飾りました!

  • 2016年1月14日

「太陽光利用促進のためのエネルギーベストミックス研究拠点の形成」(代表:理工学部応用化学科教授 藤原 尚)プロジェクトにおいて、総合理工学研究科物質系工学専攻M2 中林和輝さん等の研究グループが開発した円偏光発光(CPL)特性を有する新しい光学活性ビナフチルーピレン有機発光体に関する論文がWiley社のEuropean Journal of Organic Chemistry誌のCoverPictureに選ばれ、2016年巻頭号の表紙を飾りました。DOI: 10.1002/ejoc.201501316

Mr. Kazuki Nakabayashi's (master's student at the Graduate School of Science and Engineering Research) group successfully prepared a novel chiral binaphthyl-pyrene organic fluorophore having circularly polarised luminescence (CPL) property. This study was published in European Journal of Organic Chemistry (Wiley) and was selected as the first Cover Picture in 2016. DOI: 10.1002/ejoc.201501316

論文タイトル
関連リンク

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別