卒業生・内定者インタビュー

卒業生インタビュー

アスクル株式会社

理系の要素もある専攻だからこそ
社会で直接役立つ技術が学べました

山田 和樹 さん(心理系専攻)

ネット通販の新しさに興味を持っていたところ、アスクルの「お客さまのために進化する」という企業理念が響き、就職するきっかけに。現在は個人向け通販サイト「LOHACO」のWebページ企画やキャンペーン運営を担当しており、課題を考え、対策を実施し、結果を分析して次に生かす点は学生時代にしていたグループ研究活動に近いものを感じます。人とのコミュニケーションや、企画することの面白さ、データを利用する統計処理など、学んだことがそのまま今の仕事に生かされています。

山田 和樹 さん

株式会社毎日新聞社

大学で身についた術をフル活用。
メディアを通して社会を良い方向へ変えたい

松山 文音 さん(社会・マスメディア系専攻)

主に県政を担当し、県議会や県の事業について取材をしています。近畿大学にはメディア業界で活躍された教授が多いので、実践的なアドバイスをもらえたことが就職活動の結果につながりました。現在は記事にするネタの重要性や面白さを自分で探すことが仕事です。ゼミの中で、周囲の自主性に刺激されて身についた「1人で考え、決断し、動く力」が生かされています。情報があふれている今だからこそ、人の目にとまるような記事をどんどん書いていくことを目標に仕事に励んでいます。

松山 文音 さん

株式会社鴻池組

同じ会社に近大OBがいることが
働く上で財産になっています

坂口 莉乃 さん(社会・マスメディア系専攻)

就職では一般職を希望しており、たまたま通りかかったキャリアセンターの前に学校推薦として鴻池組が紹介されていたことをきっかけに、キャリアセンターの担当者へ相談。面接の練習や履歴書の添削など多岐にわたりサポートをしていただきました。さまざまな分野で注目される近畿大学は、企業の注目も高い上、多くの企業に卒業生がいます。弊社でも近畿大学の出身者は多く「近大会」というOB会もあります。近大生というだけで気にかけてくれる先輩方がいることは、近大を卒業したからこそ得られる財産ですね。

坂口 莉乃 さん

株式会社エイチ・アイ・エス

観光を多面的に学び触れたことが
今の仕事に生きています

二宮 千洋 さん(環境・まちづくり系専攻)

現在、弊社店舗にて国内外の航空券やツアーの手配をしています。高校生の頃から観光について学びたいと思っていましたが、観光系の学科よりも、地域課題や環境問題を多面的に学べる総合社会学部の方が将来に生きると考え入学しました。結果、学生時代に学んだ知識はもちろん、所属した国内旅行サークルや、まちあるき委員会、海外旅行などでさまざまな地域を見てきたことが今の仕事に生きています。社会に出てもお客さまの希望をかなえる手配や企画ができるよう、しっかりと学んでいきたいと思います。

二宮 千洋 さん

内定者インタビュー

株式会社毎日放送 内定

講義で観た作品が夢をめざすきっかけに。
行動する大切さは今後も自分のテーマです

宇治宮 汐梨 さん(社会・マスメディア系専攻)

講義でドキュメンタリー番組を観たことでドキュメンタリーに興味が湧きました。広島平和記念式典への参加や、被爆者から直接話を聞くことで、実際に行動して人の話を直接聞くことの大切さを知り、報道をめざしたいと思うように。学生生活でさまざまな経験をすることで自分の夢が明確になりました。記者での入社も検討したのですが、社会に出てからも幅広く知見を深めたいと一般職を選択。今後も社会問題に向き合い、いつか人の生き方を通して、人を勇気付けられる作品を創るのが夢です。

宇治宮 汐梨 さん

株式会社ヨコハマタイヤジャパン 内定

失敗を経験することで強くなれる。
営業職につながる自分のスタイルを確立

川口 将吾 さん(社会・マスメディア系専攻)

自分の将来のことだからこそ、就職活動では自分で責任を持ちたくてあえて人には頼らないことを意識。インターンシップや外部の説明会に積極的に足を運び、失敗を重ねながらもとにかく行動するようにしました。自分の今の実力を直視して真剣に取り組むことで、メンタルの強化にも。就職活動を通して得たこの忍耐力は、今後の武器になりそうです。会社では信頼できる企業イメージづくりも大切な仕事の一つ。個人の責任を持ち、普段から誠実に行動して社会人マナーを鍛えていきたいです。

川口 将吾 さん

株式会社星野リゾート 内定

自分の興味のあることや強みを追求したら
仕事を通してやりたいことが見えてきました

太田 陽香 さん(心理系専攻)

学生時代は留学を合わせて26カ国を旅し、ボランティアやインターンなどさまざまなことに挑戦しました。こういった経験が自分の興味のあること、やりたいことを知るきっかけとなり、就職活動でも大いに役立ちました。自分のやりたいことを実現できる環境のある会社に内定をいただき、価値観の近い同僚ができることに今からワクワクしています。日本を飛び出してこれまで見てきたものや得た価値観をもとに、次は自分が旅行産業を通して世界をつなぐ一人として一翼を担いたいです。

太田 陽香 さん

農林水産省 近畿農政局 内定

充実の試験対策講座で公務員試験に合格。
大学で学んだ専門知識を生かしたい

中村 貴之 さん(環境・まちづくり系専攻)

農業に携わる仕事に就きたいということが自分のスタート地点。講義で地域活性化を考える上で行政と住民によって視点の違いがあることを知り、行政機関に興味を持ちました。ニュースや試験勉強で、政治や経済など、社会の仕組みについて関心を持つ良いきっかけにも。採用試験対策として学内講座も活用しました。さまざまな講義で学んだ専門用語や専門知識を生かして、これからは日本の農業の発展に貢献できるような活動に取り組んでいきたいと思います。

中村 貴之 さん