学びの特徴

時代を切り開く3専攻 〜多様な社会問題にアプローチ〜

総合社会学部は、新しい時代を切り開く学びの場を目指します。
開設された3専攻から、現代社会が直面するさまざまな問題について多角的にアプローチしていきます。

社会・マスメディア系専攻

マスメディア専攻

現代社会コース

社会の現在と過去を知り、変化し続ける世界の一歩を読み解く

タイ少数民族

タイ少数民族(アカ族)の調査。

ストリートコート調査

ロサンジェルスのストリートコートの調査。

古民家再生

丹波篠山古民家再生プロジェクトの調査。

ゼミ報告

ゼミにて報告。

マスメディアコース

この情報は誰が・なぜ伝えているのか。情報の本質を知り真実を見極める。

インタビュー

インタビューも実施。

ゼミミーティング

ゼミでミーティング中。

映像制作

ゼミでミーティング中。

機器の使用

実際に映像を制作。

社会・マスメディア系専攻について詳しく見る

心理系専攻

心理系専攻

社会を作る人の行動を、心を科学することから解明する

人形の赤ちゃん

人形を使った赤ちゃん接触実験。

発達の観察・支援

子どもの学習や発達の観察・支援。

卒業論文

卒業論文のポスター発表。

ディスカッション

研究についてディスカッション。

実験室での実験

(防音・暗室の)実験室での実験。

心理系専攻について詳しく見る

環境・まちづくり系専攻

環境・まちづくり系専攻

みんなの暮らしが研究対象。身近な課題から社会を変えよう

測量実習

3次元レーザースキャナーを用いた測量実習。

画像処理

衛星データを用いた画像処理。

聴講

年2回のフィールド学習(まちあるき)を実施

ワークショップ

オープンキャンパスでエコ・ワークショップ。

フィールドワーク

「まちあるき」でフィールドワーク。

環境・まちづくり系専攻について詳しく見る

1年次から少人数教育を実践し、
大学での学びを無理なくスタートさせる

総合社会学部では1年次から4年次まで、少人数ゼミを開講しています。
1・2年次から少人数による演習形式の講義を開くことで、入学直後から学生同士、
さらには学生と教員とのコミュニケーションが取りやすい環境を整備。
その中で「大学での学び方」を身につけるとともに、専門分野の基礎についても学びを深めていきます。

少人数教育

基礎ゼミ

3人の専任教員のもと、「大学での学び方」を身につける。

1年次から10~12人の少人数ゼミに所属し、資料の調べ方やレジュメの作り方、
PowerPointの使い方といった「 大学での学び方 」の基礎を習得。
全15コマの講義を3人の専任教員が交代して受け持ちます。

社会・マスメディア系専攻

岸根 広大さん

岸根 広大さん
大阪府立大手前高校出身

興味を「発表テーマ」に変える方法を
教わりました

基礎ゼミで最も学んだことは「プレゼン力」です。高校生の頃はプレゼンテーションをする機会などほとんどありませんでしたが、テーマを考え、資料を集め、発表内容をまとめる一連の準備を教わり、上手な発表の仕方を学ぶことができました。現在は、外国人が持つ日本のイメージや日本文化の捉え方に興味があり、そのテーマをいつか具体的な研究にしたいと考えています。

心理系専攻

川畑 友理恵さん

川畑 友理恵さん
大阪府立市岡高校出身

少人数のゼミだから先生との距離が近く、
高い専門性を養えます

基礎ぜミでは、心理学の研究論文を読むだけでなく、論文を要約して発表するので人前でも自信を持って話せるようになります。心理学と言っても知覚心理学や学習心理学などいろいろあり、専門の先生がたくさんいらっしゃるのも魅力。将来は、認知心理学や知覚心理学の知識を生かして、空間デザインに関わる仕事に就くことが目標です。

総合社会学演習

3専攻の各教員が3コマずつ講義を担当

3専攻の各教員が、入れ替わりで3コマずつ講義を受け持ち、
自分の専門分野について解説を行う少人数ゼミです。
講義を通して、発表やディスカッションする力も養います。

環境・まちづくり系専攻

竹内 紗也佳さん

楢﨑 梨奈さん
大阪市立東高校出身

多角的に学ぶことによって、
新しい物事の見方ができるようになりました

自分の専攻以外のことも学べることが魅力的です。少人数のため、他の専攻の友人もできました。先生が書いた論文を読んで発表する講義では、一つのテーマを噛み砕いて発表することを学びました。ディスカッションを繰り返し、他の学生の意見を聞くことで新しい考えや発想ができるようになりました。また、レポートやPowerPoint、プレゼン能力も向上したと思います。

環境・まちづくり系専攻

昇 晴香さん

昇 晴香さん
大阪府追手門学院高校出身

扱うテーマはユニークなものばかり。
多様な視点から社会学を学ぶことができます

地球環境やまちづくりの仕組みなど、幅広いテーマに触れられるのが総合社会学演習の醍醐味です。講義で扱うテーマについて自分の考えをまとめ、他の学生と意見をぶつけ合います。その過程から、考える力だけでなく仲間と協力し合って課題に取り組むコミュニケーション力が身についたと思います。毎回のテーマもユニークなものが多く、どんな講義になるのかいつもワクワクしています。

体験学習

キャンパスを飛び出し、現場で学ぶ「体験学習」

さまざまな街を見て歩く「まちあるき」など、体験型のプログラムを多数開講。
現場に足を運び、自分の五感を使って体感することで、 教科書だけでは学べない“生きた知識”を身につけます。

出前授業やキャンドル制作教室の開催

環境・まちづくり系専攻の学生たちが、奈良県生駒市にて小学生を対象にした、出前授業とキャンドル制作教室を開催しました。講義は、「地球温暖化やエネルギーの無駄遣い」に関するもので、学生が企画・作成した教材を用いて、話し合って発表するワークショップなどを取り入れた、小学生が集中力を切らさずに学べるよう工夫した内容となりました。キャンドル制作教室は、生駒市で回収された食用油を用いた、キャンドル作りを体験してもらい、楽しみながら「ごみの問題やリサイクル」について学ぶ内容となりました。これらは、学生たちと市職員の方々による協働企画によるものです。

体験学習-1

体験学習-2

環境・まちづくり系フィールド学習として まちあるきイベントを実施

フィールド学習(環境・まちづくり系イベント)として、人と社会、自然との関係”について学ぶことを目的に、年に2回(春、秋)に「まちあるき」を実施。学生自ら企画・準備・実行を手がけ、2016年は岡山県倉敷市、滋賀県東近江市などを訪れました。

まちあるき

学びたいことは自分たちで決める。
企画力と協調性を高める絶好の機会でした

「まちあるき」は1~3年次が有志でスタッフになり、参加者は100人以上にもなります。まずみんなでさまざまな地域の調査や下調べをしながら検討して、行き先である会場を決めます。運営も学生が主体でやっているため、現地の方々への交渉はもちろん、当日のバスの手配や誘導、配布資料の制作などもすべて自分たちで行います。学年もバラバラな中で、飛び交う意見もさまざまです。話し合い、意見を一つにまとめていくことを経験して、組織の団結の大切さを学びました。自分たちで一から取り組みを考えて実現できたことは、とても良い経験になったと思います。

羽野 健 さん

羽野 健太さん
環境・まちづくり系専攻
香川県立高松西高校出身