情報学科出身の大学院生および情報学科学生5名が情報処理学会関西支部大会で支部大会奨励書を受賞

2020.09.24

  • アワード

2020年9月20日にオンラインで開催された情報処理学会関西支部大会で,情報学科所属および情報学科出身の以下の学生が支部大会奨励賞を受賞しました.

梅川 夏弥 君(総合理工学研究科エレクトロニクス系工学専攻2年,ネットワーク研究室,指導教員:井口信和 教授)
発表題目「ネットワーク機器の設定変更作業におけるヒューマンエラー防止のための作業モデルとシステムの評価内容の検討」

小田 英雄 君(総合理工学研究科エレクトロニクス系工学専攻2年,ネットワーク研究室,指導教員:井口信和 教授)
発表題目「コマンドの自動生成を可能とするネットワーク構成図描画システムにおけるコマンド生成機能の開発」

山浦 恒平 君(総合理工学研究科エレクトロニクス系工学専攻2年,ネットワーク研究室,指導教員:井口信和 教授)
発表題目「ネットワーク機器の設定に用いる作業手順書作成支援システムの評価内容の検討」

松田 尚也 君(総合理工学研究科エレクトロニクス系工学専攻1年,サイバーセキュリティ研究室,指導教員:福田洋治 講師)
発表題目「Windows APIコールログからのマルウェアの動作再現 -主要なWin32 APIへの対応と動作再現の評価」

小林 佑太郎 君(理工学部情報学科4年,知的通信網研究室,指導教員:谷口義明 准教授)
発表題目「小型無線端末を用いた大学内ソーシャルディスタンスモニタリングシステムの検討」

おめでとうございます!!