教員・研究員紹介

河井 克之(かわい かつゆき)
教授 博士(工学)
所属学科/社会環境工学科  所属専攻/環境系工学専攻

土粒子、水、空気から成る三相混合体で、その構成割合によって複雑な挙動を示す地盤材料を忠実にモデル化し、斜面崩壊や土壌汚染といった地盤災害をシミュレーションすることで問題解決への糸口を探ります。

専門 地盤工学、地盤環境学、防災工学
担当科目(学部) 土質力学、土質力学演習、地盤工学、地盤工学演習、総合演習
担当科目(大学院) 地盤材料学特論、地盤環境学特論
主な研究テーマ 不飽和土構成モデルの構築
地盤構造物の長期安定性評価
植生が地盤以及ぼす影響に関する研究
地盤内物質移動モデルの構築
地盤の塩害に関する研究
代表的な研究業績 (1) 間隙比の影響を考慮した水分特性曲線モデル, 土木学会論文集, No.666/III-53, pp.291-302 (2000)
(2) 地盤内塩分移動シミュレーションによる陸前高田一本松の生育環境評価, 土木学会論文集A-2(応用力学), Vol.68, No.2, I_345-I_352 (2012)
(3) Expression of mechanical characteristics in compacted soil with soil/water coupled F.E. simulation, Proc. 18th Int. Conf. on Soil Mechanics and Geotechnical Engineering, Paris, pp.1129-1132 (2013)
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/read0078782
所属学協会 土木学会、地盤工学会
学外活動 国土交通省近畿地方整備局堤防調査委員会委員、国際地盤工学会技術委員会TC202 Transportation Geotechnics国内委員、一般財団法人建設工学研究所研究員、一般財団法人災害科学研究所研究員
出身大学 神戸大学(学部)
出身大学院 神戸大学大学院(博士前期課程)
論文名、取得大学、取得年月 水分特性曲線のモデル化および不飽和土における土骨格と土中水の連成問題、神戸大学、2001年3月
主な経歴 西日本旅客鉄道株式会社(1996)、神戸大学助手(1998)、文部科学省短期在外研究員(2004)、日本学術振興会海外特別研究員(2004~2006)、神戸大学准教授(2009)
受賞歴 土木学会論文奨励賞(2001)、前田工学賞(2003)、地盤工学会技術奨励賞(2008)、地盤工学会関西支部学術賞(2018)、地盤工学会事業企画賞(2020)
学生へのアドバイス "I will prepare and someday my chance will come." by Lincoln
歴史の偉人は,皆,常に自分を磨いて備え,チャンスを見逃さなかった人です.
学生に薦めたい書物 (1)門田隆将、死の淵を見た男、角川文庫
(2)高橋裕、土木技術者の気概:廣井勇とその弟子たち、鹿島出版会
(3)瀧本哲史、ミライの授業、講談社
趣味・その他 スポーツ観戦(サッカー、野球、アメフト)、映画鑑賞

環境地盤工学研究室

メールアドレス kkawai(at)civileng.kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。

教員・研究員紹介