教員・研究員紹介

菅原 賢悟 (すがはら けんご)
准教授 博士(工学)
所属学科/電気電子通信工学科  所属専攻/エレクトロニクス系工学専攻

電磁気を応用した製品は,昨今の生活になくてはならない存在です。それらの性能の進化は,電磁気シミュレーション技術によって支えられています。電磁気学と計算機技術の両側面からシミュレーション技術の発展に取り組んでおります。

WPTシステムからの3層IABを用いた漏洩電磁界解析

専門 電磁界解析
加速器工学
担当科目(学部) 基礎ゼミ1,基礎ゼミ2,電磁気学II,電磁気学II(再),電気電子工学実習,電気電子工学実験,エレクトロニクス関連機器,エンジニアリングデザイン実験,卒業研究ゼミナール,卒業研究
担当科目(大学院) 電磁界応用特論,エレクトロニクス系工学特別研究
主な研究テーマ 電磁界解析、加速器工学
代表的な研究業績 A. Kameari, H. Ebrahimi, K. Sugahara, Y. Shindo and T. Matsuo, "Cauer Ladder Network Representation of Eddy-Current Fields for Model Order Reduction Using Finite-Element Method," in IEEE Transactions on Magnetics, vol. 54, no. 3, pp. 1-4, March 2018, Art no. 7201804, doi: 10.1109/TMAG.2017.2743224.







K. Sugahara, "Perturbation approach for open boundary problems based on the equivalence theorem," 2016 Progress in Electromagnetic Research Symposium (PIERS), Shanghai, 2016, pp. 2478-2483, doi: 10.1109/PIERS.2016.7735020.







「電磁場回領域問題におけるケルビン変換の拡大~静磁場問題への適用~」電学研資,vol. SA-20-39/RM-20-62, 2020.
研究内容・研究成果
電磁界をシミュレーションする技術を開発して、電磁気応用製品の設計を高度化する研究をしています。







いま注目の最先端研究
researchmap https://researchmap.jp/ksugahar/
所属学協会 IEEE、電気学会、電子情報通信学会
学外活動 電磁界理論技術委員会 1号委員
電磁界の先進応用技術調査専門委員会 幹事
高密度エネルギー変換システムのための磁気応用技術調査専門委員会 委員
出身大学 慶応大学 理工学部、
出身大学院 京都大学大学院 理学研究科,法政大学大学院 デザイン工学研究科
論文名、取得大学、取得年月 修正インダクタンス行列法によるLF近傍磁界解析とその応用に関する研究、法政大学,2007年9月
主な経歴 三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 (2001~2010)
三菱電機株式会社 神戸製作所 (2010~2014)
受賞歴 2015年度 EST研優秀論文発表賞
2019年度 第66回電気関係功績者表彰
2020年度 IAS TSC First Prize
学生へのアドバイス 研究室では,楽することを考えずに一生懸命取り組むことで成功体験を得てください。その体験は一生の財産になります。
学生に薦めたい書物 下町ロケット(小学館文庫)
趣味・その他 アイスホッケー

電磁気応用研究室

教員室 31号館2階 202
内線 4025
メールアドレス ksugahar(at)kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://ksugahar.weebly.com/

教員・研究員紹介

array(86) { ["professor_id"]=> string(3) "706" ["site"]=> string(3) "sci" ["html"]=> string(17) "07_sugahara_kengo" ["login_id"]=> string(21) "ksugahar@kindai.ac.jp" ["login_pw"]=> string(64) "cf77b9d7f0bdcf12916974859a49a5d412f10f938a49915e65a0d104f4965053" ["name"]=> string(13) "菅原 賢悟" ["name_en"]=> string(14) "Sugahara Kengo" ["name_kana"]=> string(22) "すがはら けんご" ["jobtype"]=> string(1) "3" ["degree"]=> string(18) "博士(工学)" ["degree_en"]=> string(21) "Doctor of Engineering" ["department"]=> string(62) "department_electrical_electronic_and_communication_engineering" ["department_txt"]=> string(0) "" ["department_txt_en"]=> string(0) "" ["major1"]=> string(38) "graduate_school_electronic_engineering" ["major2"]=> NULL ["category1"]=> string(56) "research_electric_information_and_mechanical_engineering" ["class1"]=> string(58) "research_electric_information_and_mechanical_engineering07" ["category2"]=> string(56) "research_electric_information_and_mechanical_engineering" ["class2"]=> string(58) "research_electric_information_and_mechanical_engineering08" ["category3"]=> string(56) "research_electric_information_and_mechanical_engineering" ["class3"]=> string(58) "research_electric_information_and_mechanical_engineering09" ["specialty"]=> string(31) "電磁界解析 加速器工学" ["specialty_en"]=> string(44) "Electromagnetic Analysis Accelerator Physics" ["subject"]=> string(255) "基礎ゼミ1,基礎ゼミ2,電磁気学II,電磁気学II(再),電気電子工学実習,電気電子工学実験,エレクトロニクス関連機器,エンジニアリングデザイン実験,卒業研究ゼミナール,卒業研究" ["subject_en"]=> string(34) "Electromagnetics, Electric machine" ["subject_graduate"]=> string(69) "電磁界応用特論,エレクトロニクス系工学特別研究" ["subject_graduate_en"]=> string(34) "Numerical Electromagnetic Analysis" ["research_theme"]=> string(33) "電磁界解析、加速器工学" ["research_theme_en"]=> string(63) "Model order reduction, magnetic hysteresis, accelerator physics" ["research_record"]=> string(955) "A. Kameari, H. Ebrahimi, K. Sugahara, Y. Shindo and T. Matsuo, &quot;Cauer Ladder Network Representation of Eddy-Current Fields for Model Order Reduction Using Finite-Element Method,&quot; in&nbsp;<em>IEEE Transactions on Magnetics</em>, vol. 54, no. 3, pp. 1-4, March 2018, Art no. 7201804, doi: 10.1109/TMAG.2017.2743224.<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />K. Sugahara, &quot;Perturbation approach for open boundary problems based on the equivalence theorem,&quot;&nbsp;<em>2016 Progress in Electromagnetic Research Symposium (PIERS)</em>, Shanghai, 2016, pp. 2478-2483, doi: 10.1109/PIERS.2016.7735020.<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />「電磁場回領域問題におけるケルビン変換の拡大~静磁場問題への適用~」電学研資,vol. SA-20-39/RM-20-62, 2020." ["research_record_en"]=> string(713) "A. Kameari, H. Ebrahimi, K. Sugahara, Y. Shindo and T. Matsuo, &quot;Cauer Ladder Network Representation of Eddy-Current Fields for Model Order Reduction Using Finite-Element Method,&quot; in&nbsp;<em>IEEE Transactions on Magnetics</em>, vol. 54, no. 3, pp. 1-4, March 2018, Art no. 7201804, doi: 10.1109/TMAG.2017.2743224.<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />K. Sugahara, &quot;Perturbation approach for open boundary problems based on the equivalence theorem,&quot;&nbsp;<em>2016 Progress in Electromagnetic Research Symposium (PIERS)</em>, Shanghai, 2016, pp. 2478-2483, doi: 10.1109/PIERS.2016.7735020." ["research_results"]=> string(379) "電磁界をシミュレーションする技術を開発して、電磁気応用製品の設計を高度化する研究をしています。<br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><a href="http://www.kindai.ac.jp/sci/research/forefront_research/sugahara_kengo.html">いま注目の最先端研究</a>" ["research_results_en"]=> string(0) "" ["researchmap"]=> string(32) "https://researchmap.jp/ksugahar/" ["researchoverview"]=> string(0) "" ["academic_society"]=> string(46) "IEEE、電気学会、電子情報通信学会" ["academic_society_en"]=> string(4) "IEEE" ["activities"]=> string(201) "電磁界理論技術委員会 1号委員 電磁界の先進応用技術調査専門委員会 幹事 高密度エネルギー変換システムのための磁気応用技術調査専門委員会 委員" ["activities_en"]=> string(0) "" ["university"]=> string(28) "慶応大学 理工学部、" ["university_en"]=> string(23) "BE form Keio University" ["graduate_school"]=> string(89) "京都大学大学院 理学研究科,法政大学大学院 デザイン工学研究科" ["graduate_school_en"]=> string(49) "ME form Kyoto University DE form Hosei University" ["monograph"]=> string(127) "修正インダクタンス行列法によるLF近傍磁界解析とその応用に関する研究、法政大学,2007年9月" ["monograph_en"]=> string(0) "" ["career"]=> string(123) "三菱電機株式会社 先端技術総合研究所 (2001~2010) 三菱電機株式会社 神戸製作所 (2010~2014)" ["career_en"]=> string(0) "" ["advise"]=> string(165) "研究室では,楽することを考えずに一生懸命取り組むことで成功体験を得てください。その体験は一生の財産になります。" ["advise_en"]=> string(0) "" ["recommend"]=> string(39) "下町ロケット(小学館文庫)" ["recommend_en"]=> string(0) "" ["hobby"]=> string(21) "アイスホッケー" ["hobby_en"]=> string(10) "Ice hockey" ["awards"]=> string(116) "2015年度 EST研優秀論文発表賞 2019年度 第66回電気関係功績者表彰 2020年度 IAS TSC First Prize" ["awards_en"]=> string(0) "" ["group_name"]=> string(24) "電磁気応用研究室" ["group_name_en"]=> string(35) "Applied Electromagnetics Laboratory" ["teacher_room"]=> string(16) "31号館2階 202" ["teacher_room_en"]=> string(0) "" ["extension_no"]=> string(4) "4025" ["email"]=> string(21) "ksugahar@kindai.ac.jp" ["url1"]=> string(27) "http://ksugahar.weebly.com/" ["url1_en"]=> string(0) "" ["url2"]=> string(0) "" ["url2_en"]=> string(0) "" ["list_title"]=> string(36) "電磁界解析の残された課題" ["list_title_en"]=> string(0) "" ["list_detail"]=> string(324) "電磁気を応用した製品は,昨今の生活になくてはならない存在です。それらの性能の進化は,電磁気シミュレーション技術によって支えられています。電磁気学と計算機技術の両側面からシミュレーション技術の発展に取り組んでおります。" ["list_detail_en"]=> string(0) "" ["caption"]=> string(64) "WPTシステムからの3層IABを用いた漏洩電磁界解析" ["caption_en"]=> string(47) "3-layer improvised absorbing boundary condition" ["html_keywords1"]=> string(15) "電磁界解析" ["html_keywords2"]=> string(21) "ワイヤレス給電" ["html_keywords3"]=> string(15) "開領域問題" ["html_keywords1_en"]=> string(24) "Electromagnetic analysis" ["html_keywords2_en"]=> string(23) "Wireless power transfer" ["html_keywords3_en"]=> string(21) "Open boundary problem" ["sci_display_flag"]=> NULL ["metric"]=> NULL ["laboratory"]=> NULL ["edited_at"]=> string(19) "2022-03-23 18:59:36" ["created_at"]=> string(19) "2022-05-21 10:17:09" ["updated_at"]=> string(19) "2022-05-21 01:17:10" ["pic"]=> string(47) "/data/sci_info/images/pic_07_sugahara_kengo.jpg" ["img"]=> string(47) "/data/sci_info/images/img_07_sugahara_kengo.jpg" }