原子力・放射線分野の人材育成

原子力・放射線分野の人材育成

近畿大学において、原子力に関連する学部教育は、1961年から2002年までは原子炉工学科が担っていた。原子炉工学科の廃止に伴って、その役割の一部を電気電子工学科と生命科学科に引き継いで現在に至っている。

理工学部の電気電子工学科・生命科学科から原研へ

原子力研究所では、理工学部の電気電子工学科(1学年14名)と生命科学科(1学年4名)の卒業研究生を受け入れている。(卒業研究;大学3年後期に各研究室に配属されて研究を開始し、4年生の2月に卒業研究発表を行う。大学で学んだことの集大成としての位置づけがあり、必修である。)

卒業研究テーマ(平成30年度)

原子炉特性、原子炉工学

  • 近畿大学原子炉におけるソースジャーク法による未臨界度測定実験
  • Feynman-α/バンチング法における疑似トレンド現象に関する研究
  • 亜臨界水条件の同定及びその条件下による難燃物の減容
  • 近大原子炉の炉心におけるγ線エネルギースペクトル測定に関する検討
  • 近大原子炉照射場の生物試料に対する反応度効果と中性子束分布の評価
  • 近畿大学原子炉炉心における中性子線量の推定方法に関する検討

放射線計測

  • 原子力発電所で使われているケーブル中に生成する放射性核種の調査
  • 簡易拡散型霧箱を用いたプロトンリコイル反応検出の検討
  • 高純度ゲルマニウム半導体検出器の検出効率の評価
  • 中性子線源エネルギースペクトル推定のための逆行列法反応係数の評価
  • プラスチックシンチレータを用いた中性子誘導箔放射能測定に関する基礎的研究
  • 超薄膜プラスチックシンチレータを用いた医用α/β壊変系列核種の放射能測定におけるα線選別測定に関する研究

放射線影響

  • X線がiPS細胞の神経分化に及ぼす影響―分化初期の照射線量及び照射時期による比較―
  • 予防的全脳照射治療条件でのヒトiPS細胞由来神経細胞に与える影響

環境影響

  • 真菌による土壌中放射性セシウムの吸収に関する研究
  • 植物の根酸による土壌中放射性Csの溶出に関する研究

大学院教育

専門分野としての原子力・放射線をさらに深く学びたい者には、大学院で学ぶ道が用意されている。それは、「大学院総合理工学研究科エレクトロニクス工学専攻の原子エネルギー分野」で担当している。原子力研究所の教員もこの大学院教育に寄与している。

原子炉物理学、原子炉工学 橋本憲吾教授
放射線工学、放射線応用学、放射線計測学 若林源一郎准教授、山田崇裕准教授、芳原新也准教授
放射線防護学、放射線基礎医学 山西弘城教授、松田外志朗教授

卒業生の進路

過去に原子炉工学科から多くの人材を輩出していたことから、現在も近畿大学に対して原子力業界から多くの求人がある。

卒業生の進路(例)

(進学)

近畿大学大学院、京都大学大学院、大阪大学大学院、東京工業大学大学院

(就職、予定含む;順不同)

日立プラントコンストラクションズ、芝田化工設計、東京ニュークリア・サービス、日本原燃、原燃輸送、上組(かみぐみ)、千代田テクノル、関電パワーテック、ケーイーシー、コーガアイソトープ、クリハラント、原子力安全研究協会、MHI NSエンジニアリング、発電設備技術検査協会、木村化工機、原電エンジニアリング、アトックス、ポニー工業、非破壊検査株式会社、原子力規制庁、関西電力、中国電力、奥村組、大成建設、NESI、金井重要工業、JR西日本、大阪市役所、大阪ガス、山崎製パン、YKK、八尾市役所、シーメンス

お問い合わせ先

原子力研究所 Kindai University Atomic Energy Research Institute
TEL (06) 4307-3095  お電話でのお問い合わせは月~金の午前9時~午後5時までとなっております。
FAX (06) 6721-3743(24時間受付)
E-mail:genken@itp.kindai.ac.jp(24時間受付)