施設案内

18号館 国際学部棟

国際学部の拠点となる、少人数語学教育のための校舎

18号館 国際学部棟

東大阪キャンパスの西門をくぐると、右手に見えてくる校舎・18号館が国際学部棟です。少人数語学教育のための各種施設と最新の設備を揃えたこの校舎は、学部の開設とともに誕生しました。演習室や講義室・コンピューター室のほか、学生生活のサポートをする事務部のオフィスや異文化交流ギャラリーも完備。国際学部での4年間を支える、学びの拠点となっています。

演習室

ディスカッションやグループワークを通してより実践で役立つ語学力の習得をめざすための教室

演習室

ガラス壁で開放感も抜群の演習室は、それぞれの収容人数を20人以下に設定。室内に可動式のデスクチェアを備えるとともに、壁前面にホワイトボードを設置し、プロジェクターも併用しながら授業を進めています。さらに授業中は円滑なディスカッション、グループワークを実践し、学生が能動的・主体的に学べるアクティブラーニングを促進しています。

講義室・コンピューター室

教員と学生の距離をなくして質の高いコミュニケーションを可能にする専用システム

講義室・コンピューター室

総合大学のメリットを生かした多彩な講義は、講義室で行います。また、コンピューター室には計264台のパソコンを備え、パソコンを利用した「聞く・話す・読む・書く」という語学教育を支援するCALLシステムを導入しています。コンピューター端末は、256GB SSD(Solid State Drive)とWindows10を導入し、教員機から学生機の状況を把握・操作支援できる授業支援機能のほか、教員機から学生機への音声会話、グループ会話といった音声会話機能などまで、最新のソフトウェアに対応しています。

関連施設