教員紹介

上小城 伸幸

上小城 伸幸
准教授
所属 経営学部 キャリア・マネジメント学科
学位 修士(商学)
専門 経営戦略論
ジャンル 経営・産業/経営
コメント 企業の多角化やM&Aなどについて研究しています。また企業戦略と組織構造の関係について研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/1215

学歴/経歴

経歴

  • 2014年
    近畿大学 経営学部 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 経営学, 経営学

研究キーワード

製品差別化戦略, 行為者の信念, 造船業, 多角化企業, 組織構造, 範囲の経済, 事業部門, シナジー効果, 戦略の「再生産」, エスカレーティング・コミットメント, 製造リードターム, コスト・リーダーシップ戦略, 全社戦略, コア事業部, 事業戦略, 多角化戦略, 信念体系, 戦略不全, 本社部門, 相互依存関係

講演・口頭発表等

  1. 日本の造船業における製品戦略と業績格差:造船回復期からリーマンショックまでの定量分析 , 上小城伸幸 , 日本海運経済学会第48回大会 , 2014年10月14日
  2. 関連型多角化戦略の逆機能:日本の総合重工業メーカーの事例から , 上小城伸幸 , 2010年度組織学会50周年記念研究発表大会 , 2010年6月5日
  3. 製品差別化戦略の罠:企業内の行為者の意図や信念と反省的学習の観点から , 上小城伸幸 , 日本経営学会第82回大会 , 2008年9月4日

MORE

MISC

  1. 「非コア」事業部の戦略不全の要因に関する一考察 : 造船事業を自社の一部門に持つ日本の多角化企業を事例として(経営学編) , 上小城 伸幸 , 商経学叢 , 54 , 2 , 141 , 153 , 2007年12月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110007028335
    概要:本稿の目的は,多角化企業の「非コア」事業部が,業績不振にもかかわらず,事業戦略を転換できない要因について考察を巡らすことにある。本稿の結論は,多角化企業において全社の売上高に占める割合が低い「非コア」事業部と,全社の売上高に占める割合が高い「コア」事業部との間に「範囲の経済」が存在する場合,たとえその「非コア」事業部の業績が不振に陥ったとしても,その不振事業部の事業戦略の転換は難しい,ということである。
  2. 多角化戦略の動機とその経済的帰結に関する既存研究の検討 (鴻池俊憲先生 退任記念号) , 中岡 孝剛, 上小城 伸幸 , 商経学叢 , 63 , 3 , 519 , 545 , 2017年3月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120006332221
    概要:[要旨]事業の多角化は企業が持続的に成長する上で,重要な戦略となっている。経営戦略やコーポレート・ファイナンスの分野で,多くの研究が蓄積されている。しかし,多角化が企業のパフォーマンスにもたらす影響である多角化効果については依然として合意が形成されていない。本研究では企業が多角化戦略を採用する動機について整理を行い,多角化効果が生じる背景について明確にする。また,多角化戦略の経済的な帰結について整理を行い,多角化効果の中身について議論を行う。[Abstract] Diversifying the business is a vital strategy for companies to achieve sustainable growth. There exist enormous papers which are investigated the whether the corporate diversification effects on the performance. However, it remains controversial. The purpose of this paper is to summarize the motives for the diversification from the view point of the theory of management strategy and corporate finance. This may be allowed us to clarify the background of the economic consequences resulted from the diversification.
  3. 日本の「大手」造船会社の業績格差に関する一考察 : 1989年以降の造船需要回復期における各社の製品戦略の違いに注目して(経営学編) , 上小城 伸幸 , 商経学叢 , 54 , 1 , 113 , 125 , 2007年7月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110007028328
    概要:本稿では,日本の造船業,とりわけ1989年以降の造船需要回復期における日本の「大手」造船会社間の業績格差に注目し,それらの格差の要因として各社の製品戦略の違いを指摘する。より具体的には,日本の「大手」造船会社間では,「中型船」あるいは「多艤装量船」の建造にどれだけ注力しているかを表す指標である「中型船建造比率」あるいは「多艤装量船建造比率」と,1つのドックで建造する船種をいかに特化したかを表す指標である「1ドックあたりの船種多様化度」が,「大手」各社の業績に重要な影響を与えている可能性があることを明らかにする。

MORE

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 日本企業の多角化戦略と経営成果との関係に関する実証研究の批判的再検討 , 上小城 伸幸
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(B)), 組織のエスカレーティング・コミットメントに関する理論的・実証的研究 , 上小城 伸幸
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(若手研究(スタートアップ)), 組織と戦略の相互作用に関する実証研究 , 上小城 伸幸