資格

将来の自分のキャリアに必ず役に立つ、
多彩な課外講座のラインナップ

資格は、就職はもちろん将来の可能性を広げるために役立ちます。
経営学部では、課外講座などの資格取得支援講座を開講し、資格を取得できるようバックアップ。
通関士、税理士、公認会計士などの難関国家試験合格者も多く輩出しています。

IT関連資格

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • ITパスポート
  • MOS(Microsoft Office Specialist)

パソコンを使った資料作成や表計算などの実技については「マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)検定」があり、近畿大学経営学部で実施する同検定の対策講座を受講した多くの学生が合格しています。一方、ITの知識については、情報通信分野の国家試験である「ITパスポート試験」への人気が高まっています。ITパスポート試験は情報通信に関するいわゆる「理系」の知識だけではなく、経営学部で学ぶ「文系」の知識も求められます。エンジニアなど情報系の進路を希望する学生は「基本情報技術者試験」、さらに高度な知識が求められる「応用情報技術者試験」に挑戦し、大学での学習成果としてこれら資格の取得という目標を立てるのも良いでしょう。

FP技能士

顧客のライフプランやニーズに合わせた貯蓄、投資、保険、税務、不動産、相続・事業承継などについてのプランを立案し、アドバイスを行う、資産相談に関する専門家がFP(ファイナンシャルプランナー)です。FP技能検定に合格すると、FP技能士の国家資格を取得できます。銀行や保険会社、証券会社といった金融に携わる職業の方だけではなく、最近では大学生や高校生、主婦の方などが、就職や転職のためにFP技能士の資格を取得しています。

通関士

商品を輸出するにも輸入するにも税関の許可が必要です。輸出入の許可を輸入者や輸出者に代わって取得するのが貿易のスペシャリストである通関士です。貿易関係で唯一の国家資格であるので、男女とも就活において非常に強い武器になります。合格者の就職先は、航空会社、海運会社、総合商社、物流会社、倉庫会社、大手メーカーと活躍の場は多彩です。

TOEIC

英語運用能力の指標となる資格・検定には様々なものがありますが、その中でも近年もっとも就職活動等の指標として活用されているのがTOEICです。IIPや語学センターの英語科目を受講し、努力すれば、700点以上の高得点取得も可能です。就職にも役立ち、経営学部スカラシップの基準としても利用されているので、高得点を目指すべき資格です。

課外講座

近畿大学が開講する多彩な課外講座。

キャリアセンター「課外講座」ページ