教員紹介

平田 美千子

平田 美千子
講師
所属 経営学部 教養・基礎教育部門
学位 博士(文学)
専門 英語、米文学
ジャンル 文化/本と文芸
コメント 十九世紀後半のアメリカ小説や随筆を研究しています。科学的知識や技術の発展と共に、人びとの価値観がこれまでどう変化し、これからどう変化してゆくのかに大きな関心を寄せています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0062969

学歴/経歴

学歴

  • - 2010年
    関西学院大学 文学研究科博士課程後期課程 英米文学専攻
  • - 2005年
    City University of New York Queens College Graduate School, Master's Course English
  • - 2000年
    関西学院大学 文学研究科博士課程前期課程 英米文学専攻
  • - 1998年
    関西学院大学 文学部 英文学科(英語学専攻)

経歴

  • 2014年4月 - 現在
    近畿大学 経営学部 講師
  • 2011年4月 - 2014年3月
    関西福祉大学 社会福祉学部 助教

研究活動情報

研究分野

  • 文学, 英米・英語圏文学

研究キーワード

マーク・トウェイン, 米文化・社会, 英米文学

論文

  1. 「ハンク・モーガンが抱える破滅と忘却の宿命--A Connecticut Yankee in King Arthur's Courtの結末についての一考察--」
    平田 美千子
    『英米文学』(関西学院大学英米文学会)  63  21-36  2019年3月  [査読有り]
  2. 「苦難の道をたどった日本におけるThe Innocents Abroad受容」
    平田 美千子
    『英米文学』(関西学院大学英米文学会)  59  47-61  2015年3月  [査読有り]
  3. 「Mark Twainの『ハワイ通信』の編集がもたらしたもの―Roughing Itのハワイ滞在記におけるユーモアの行方―」
    平田 美千子
    『関西福祉大学社会福祉学部研究紀要』  16  (1)  21-28  2012年9月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 『アメリカン・ロード―光と陰のネットワーク』 , 平田 美千子 , 共著 , 第3部「西部/南部文学」第6章「ユーモアは暴力を克服できるか−−『苦難を忍びて』に描き出された西部アメリカン・ロード」pp.121-142 , 英宝社 , 2013年12月
  2. 『越境する文化』 , 平田 美千子 , 共著 , 第二部学術論文11「旅行者から怠惰な中流階級の旅行者への変貌—A Tramp Abroad に見られる「トウェイン」の役割について—」pp.119-130 , 英光社 , 2012年5月
  3. 『比較文化の饗宴』 , 平田 美千子 , 共著 , 第二部学術論文10:「“Extracts from Adam’s Diary” における逆転のユーモア―ナンセンスジョークにこめられたアイロニー―」pp.100-113 , 英光社 , 2011年5月

講演・口頭発表等

  1. “Mark Twain’s New Zealand in Following the Equator” , 平田 美千子 , London 2015: The International Journal of Arts & Sciences’ (IJAS) International Conference of Social Sciences and Humanities , 2015年11月3日
  2. “Unfamiliar Themes and Styles of The Innocents Abroad to Japanese Readers” , 平田 美千子 , The Thirteenth Annual Hawaii International Conference on Arts and Humanities , 2015年1月11日
  3. 「『イノセント』を騙るサンドイッチ諸島の通信員“Mark Twain”—Roughing It のハワイ滞在記におけるユーモアの消去—」 , 平田 美千子 , 日本アメリカ文学会全国大会 , 2010年10月

MORE