教員紹介

藤本 和則

藤本 和則
教授
所属 経営学部 経営学科
商学研究科
学位 博士(情報学)
専門 ネットビジネス論、人工知能
ジャンル 情報・メディア/インターネット
コメント ネット上のクチコミを分析するための人工知能、特に、レコメンデーションの技術とビジネスモデルの研究をしています。モデライズ㈱技術顧問(元取締役兼CTO)。
リサーチマップ https://researchmap.jp/lonyork

研究活動情報

研究分野

  • 情報学, 知能情報学

論文

  1. Dynamical Model of Overconfidence Phenomena Due to ZE-type Confirmation Bias
    藤本 和則,村松 純,永原正章
    Proceedings of the IEEE International Conference on Systems, Man, and Cybernetics  2208-2213  2018年10月  [査読有り]
  2. 大学生の幸福度と学業に対する主観的評価:アンケート調査と学業データによる分析
    佐々木俊一郎、山根承子、マルデワグジェゴシュ、布施匡章、藤本和則
    生活経済学研究  47  83-99  2018年3月  [査読有り]
  3. Is Confirmation Bias Related to the Number of Recalled Happy Events? If so, How?
    藤本 和則, 布施 匡章, 佐々木俊一郎, 山根承子, マルデワ・グジェゴシュ
    Proceedings of the Joint 17th World Congress of International Fuzzy Systems Association and 9th International Conference on Soft Computing and Intelligent Systems  2017年6月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 意思決定支援とネットビジネス , 藤本 和則, 本村 陽一, 松下 光範, 庄司 裕子 , 共著 , オーム社 , 2005年10月

講演・口頭発表等

  1. Is It For Me or For You? - Limitations of Conclusion Omission Effects on Decision-making Through eWOM Communication , 藤本 和則 , 28th Annual Meeting of the Society for Text & Discourse , 2018年7月18日
  2. 結論非明示メッセージの態度変容・強化効果について , 藤本 和則 , 第24回ディスコース心理学研究部会(日本認知心理学会) , 2018年2月24日
  3. Limitations of Implicit Conclusion Effects on Decision-making Through eWOM Communication , 藤本 和則 , 26th Annual Meeting of the Society for Text & Discourse , 2016年7月26日

MORE

MISC

  1. Web Trust 研究動向 , 相良 毅, 井口 誠, 藤本 和則 , 人工知能学会論文誌 , 21 , 4 , 430 , 437 , 2006年7月
  2. インターネット上の生情報から利用可能な知識へ , 土方 嘉徳, 井口 誠, 藤本 和則, 松下 光範 , 知能と情報 , 15 , 5 , 489 , 497 , 2003年10月

受賞

  1. 2001年度 人工知能学会 全国大会ベストプレゼンテーション賞 受賞,
  2. Japanese Society of Artificial Intelligence, Best Presentation Prize 2001,

競争的資金

  1. 独立行政法人日本学術振興会, 科学研究費助成事業(基盤C), 推論空間モデルに基づくeクチコミ文の態度変容効果仮説の検証 , 藤本 和則