教員・研究員紹介

藤島 武蔵(ふじしま むさし)
准教授 博士(理学)
所属学科/応用化学科 

第一原理計算や電磁場解析シミュレーションを利用して、以下のテーマについて研究しています。 ・各種電池の新規電極材料の設計 ・分子-電極表面相互作用系の電子状態計算 ・無機発光材料の電子状態計算 ・様々なナノ構造をもつプラズモニック材料の局所電磁場解析

専門 固体材料化学
担当科目(学部) 基礎ゼミ1&2、応用化学実験Ⅰ&Ⅱ、化学工学Ⅰ、化学速度論、卒業研究ゼミナール、卒業研究
主な研究テーマ 固体材料の電子状態解明と機能設計による新規電極触媒の開発
代表的な研究業績 (1) In Situ Shape Change of Au Nanoparticles on TiO2 by CdS Photodeposition: Its Near-Field Enhancement Effect on Photoinduced Electron Injection from CdS to TiO2, Musashi Fujishima・Takuya Ikeda・Ryo Akashi・Hiroaki Tada, ACS Omega, 3(6) (2018) 6104.
(2) Photo-effect on the electromotive force in two-compartment hydrogen peroxide-photofuel cell, Takumi Masuda・Musashi Fujishima・Hiroaki Tada,  Electrochemistry Communications, 93 (2018) 31.
(3) High Coverage Formation of CdS Quantum Dots on TiO2 by the Photocatalytic Growth of Preformed Seeds, Musashi Fujishima, Yasunari Nakabayashi, Kouichi Takayama, Hisayoshi Kobayashi, and Hiroaki Tada, J. Phys. Chem. C, 120 (2016) 17365.
 
researchmap https://researchmap.jp/
所属学協会 日本化学会
出身大学 東北大学工学部応用物理学科
出身大学院 北陸先端科学技術大学院大学材料化学研究科
筑波大学大学院化学研究科
論文名、取得大学、取得年月 筑波大学、2004年3月
学生へのアドバイス 将来を見据えて堅実に学生生活を過してください
学生に薦めたい書物 サピエンス全史(上下)文明の構造と人類の幸福(ユヴァル・ノア・ハラリ著、河出書房新社、2016)
趣味・その他 ゲーム(息子と)

固体材料化学研究室

教員室 38-S811
内線 5242
メールアドレス mfujishima(at)apch.kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。

教員・研究員紹介