教員・研究員紹介

信川 久実子(のぶかわ くみこ)
講師 博士(理学)
所属学科/理学科 

X線で観る宇宙は超高温で莫大なエネルギーを放出しています。そのなかでも天の川銀河で起きる高エネルギー現象を研究しています。また、X線天文衛星に搭載する検出器の開発も行っています。

専門 高エネルギー宇宙物理学(観測)
担当科目(学部) 基礎ゼミ2
基礎物理学実験I
基礎物理学実験II
物理学概論および演習I
物理学概論および演習II
データ解析
卒業研究ゼミナール
担当科目(大学院) 高エネルギー天体物理学特論
高エネルギー天体物理学実験特論
主な研究テーマ X線観測を中心とした高エネルギー宇宙物理現象の研究
代表的な研究業績 [1] “Evidence for a Neutral Iron Line Generated by MeV Protons from Supernova Remnants Interacting with Molecular Clouds”, K. K. Nobukawa, M. Nobukawa, K. Koyama et al. Astrophysical Journal, 854(2), 87 (2018)
[2] “Scale heights and equivalent widths of the iron K-shell lines in the Galactic diffuse X-ray emission”, S. Yamauchi, K. K. Nobukawa, M. Nobukawa et al. Publications of the Astronomical Society of Japan, 68(4), 59 (2016)
[3] “Enhancement of the 6.4 keV Line in the Inner Galactic Ridge: Proton-induced Fluorescence?”, K. K. Nobukawa, M, Nobukawa, H. Uchiyama et al. Astrophysical Journal Letters, 807(1), L10 (2015)
[4] “Use of a charge-injection technique to improve performance of the Soft X-ray Imager aboard ASTRO-H”, K. K. Nobukawa, T. G. Tsuru, M. Nobukawa et al. Nuclear Instruments and Methods in Physics Research, Section A: Accelerators, Spectrometers, Detectors and Associated Equipment 765, 269 (2014)
researchmap https://researchmap.jp/kumiko_nobukawa
所属学協会 日本天文学会、日本物理学会、高エネルギー宇宙物理連絡会
出身大学 京都大学理学部
出身大学院 京都大学大学院理学研究科
論文名、取得大学、取得年月 X-ray Study of Neutral Iron Line Emission in the Galactic Ridge: Contribution of Low-Energy Cosmic Rays、京都大学、2016年3月
主な経歴 2013-2016年 日本学術振興会特別研究員 (DC1)
2016-2020年 日本学術振興会特別研究員 (PD)
2020年- 現職
受賞歴 2016年度第33回井上研究奨励賞(井上科学振興財団)
平成27年度第8回京都大学優秀女性研究者奨励賞

高エネルギー天体物理学研究室

教員・研究員紹介