教員・研究員紹介

井原 健太郎(いはら けんたろう)
准教授 博士(数理学)
所属学科/理学科  所属専攻/理学専攻

様々なゼータ関数の多重化について研究しています。多重のゼータ関数の値はもとのゼータ関数の値よりも豊かな性質をもち、その値たちが張る空間の美しい代数構造に興味をもって研究しています。

多重ポリログのシャッフル関係式

専門 整数論
担当科目(学部) 線形代数学I、線形代数学II、計算機実習(2)、群論(2)、数学講究(8)、基礎ゼミ2
担当科目(大学院) 数論特論、ゼータ関数特論、数理解析特別研究
主な研究テーマ 多重ゼータ値代数の代数構造
多重保形L関数
非可換冪級数上の導分の指数写像
代表的な研究業績 (1). Y. Choie, K. Ihara, Iterated period integral and multiple Hecke L-functions, Manuscripts Math. 142, pp.245–255, (2013).     
 (2) K. Ihara, J. Kajikawa, Y. Ohno, J. Okuda, Multiple zeta values vs. Multiple zeta-star values, J. of Algebra, 332, pp.187–208, (2011). 
 (3) K. Ihara, Derivations and automorphisms on non-commutative power series, J. of Pure and Applied Algebra, 216, pp.192–201, (2012).
出身大学 九州大学
論文名、取得大学、取得年月 Double shuffle structire on the algebra of multiple zeta values, 九州大学、2005年3月
主な経歴 2012年 大阪大学 准教授
2017年 近畿大学 准教授
受賞歴 大阪大学総長奨励賞 2015 (研究部門)

数論研究室

教員・研究員紹介