教員・研究員紹介

知念 宏司(ちねん こうじ)
准教授 博士(数理学)
所属学科/理学科  所属専攻/理学専攻 理学専攻(兼担)

情報を正しく伝える仕組みである符号理論は、さまざまな数学的成果を取り入れた、充実した理論です。数学理論としての符号理論、それに関する群論、環論など代数学を中心に研究しています。また、暗号につながりのある解析数論を研究しています。

素数はどのように分布しているのだろうか?

専門 解析数論、符号理論
担当科目(学部) 代数学(1)、基礎ゼミ1、数学講究(4)、計算機実習(1)、現代数学(3)、数学講究(2)
担当科目(大学院) 応用代数学特論、応用数論特論、数理解析特別研究、応用代数学特殊研究、数理解析演習
主な研究テーマ 剰余位数、原始根の分布、符号のゼータ関数
代表的な研究業績 (1) On a distribution property of the residual order of a (mod p) with a quadratic residue condition, Tokyo J. Math. 35-2 (2012), 441-459 (jointly with C. Tamura).
(2) On a distribution property of the residual order of a (mod pq), Annales Univ. Sci. Budapest., Sect. Comp. 41 (2013), 187-211 (jointly with L. Murata).
(3) Extremal invariant polynomials not satisfying the Riemann hypothesis, to appear in Appl. Algebra Engrg. Comm. Comput. 
研究内容・研究成果
researchmap http://researchmap.jp/koji-chinen
所属学協会 日本数学会
出身大学 京都大学
出身大学院 神戸大学
論文名、取得大学、取得年月 A bound for the ratio of consecutive eigenvalues of the hyperbolic Laplacian for the modular groups、九州大学、2001 年 3 月
主な経歴 2007年4月 近畿大学理工学部准教授
2016年4月~2017年3月 ストラスブール大学(フランス)で在外研究
学生へのアドバイス 身につけてほしいことは粘り強さと誠実さです。これがあればどんな時代でも生きていけるものと思います。
学生に薦めたい書物 コンスタンス・レイド『ゼロから無限へ』、講談社ブルーバックス
趣味・その他 音楽(ピアノ、作曲)、美術制作。

応用代数学研究室

教員室 31号館4階、知念准教授室
内線 4068
メールアドレス chinen(at)math.kindai.ac.jp
  • 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
研究室URL http://www.math.kindai.ac.jp/~chinen/index.html

教員・研究員紹介