このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

教員・研究員紹介

私達の体の中ではたらく生体分子はどのようにして駆動しているのか、その仕組みを明らかにする研究をおこなっています。

准教授 博士(理学)

西山 雅祥(にしやま まさよし)

  • 所属 学科 / 理学科
  • 所属 専攻 / 理学専攻

高圧力顕微鏡

専門 生命動態物理学、バイオイメージング、生物物理
担当科目(学部) 物理学最前線、物理学概論および演習Ⅰ、物理学概論および演習II、基礎ゼミ2、基礎物理学実験Ⅰ、基礎物理学実験Ⅱ、現代物理学、卒業研究ゼミナール
担当科目(大学院) 生命動態計測特論、分子機械物理学特論、分子機械物理学特殊研究
主な研究テーマ 新しいイメージング装置の開発
生体分子・細胞の力学応答計測
生体分子機械の動作原理の解明
物理の視点からみた生き物らしさの探求
代表的な研究業績 (1)    Chemomechanical coupling of the forward and backward steps of single kinesin molecules, Nature Cell Biology 4, 790-797 (2002).
(2)    Microscopic analysis of bacterial motility at high pressure, Biophysical Journal 102, 1872-1880 (2012).
(3)    Reversible morphological control of tubulin-encapsulating giant liposomes by hydrostatic pressure, Langmuir 32, 3794-3802 (2016).
researchmap https://researchmap.jp/read0093328/
所属学協会 日本生物物理学会、米国生物物理学会、応用物理学会
学外活動 平成27-28年度 科学研究費補助金第1段審査(書面審査)委員
平成29-30年度, 令和元-2年度 日本生物物理学会 代議員
出身大学 大阪市立大学 理学部 物理学科
出身大学院 大阪大学 大学院基礎工学研究科(修士課程物理系専攻, 博士後期課程システム人間系専攻)
論文名、取得大学、取得年月 モータータンパク質1分子の高時間分解能計測、大阪大学、2001年3月
主な経歴 科学技術振興機構国際共同研究1分子過程プロジェクト 研究員(2001)、京都大学大学院理学研究科 助手(2002-2011)、科学技術振興機構 さきがけ研究者(2007-2011)、京都大学白眉センター 特定准教授(2012-2016)、京都大学 研究員(2017)、法政大学 兼任講師(2012-2017)
受賞歴 平成23年度科学技術分野の文部科学大臣表彰 若手科学者賞
学生へのアドバイス 明るく元気に物理を楽しんでください。
学生に薦めたい書物 「南極点」ローアル アムンセン
生命動態物理学研究室
教員室 22号館3階
内線 4356
メールアドレス mnishiyama(at)phys.kindai.ac.jp
  • ※ 迷惑メールを避けるため(at)を使用しております。メールする場合は@に書き換えてください。
教員・研究員紹介

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別