TOPICS

(1/13 再周知)新型コロナウイルス感染予防のための学生行動規範について【注意喚起】

2021.01.13

学生の皆様へ

学長 細井 美彦

政府より、1月7日付で1都3県に対して「緊急事態宣言」が再度発令されました。また、大阪府、兵庫県、京都府、愛知県、岐阜県、栃木県、福岡県においても1月13日付で「緊急事態宣言」が再発令されました。感染状況は全国的に拡大しており、学生の皆様においても不要不急の外出を避け、会食・イベント等への参加を自粛し、規律をもって行動されることを切に望みます。

本学における今年度の授業は概ね終了しておりますが、一部の実験・実習や卒業研究等の教育・研究活動は感染対策を徹底したうえで現状を継続いたします。

今後も感染拡大が懸念されますので、学生の皆様には、他の規範となる行動をするため、感染症対策分科会から発表されている、「感染リスクが高まる5つの場面(別添)」を避けることと、次の事項について自粛をいただくよう再度要請します。

学生の皆様の普段の規律ある行動が、感染の拡大を防ぎ、皆さん自身やご家族、そして、大切な人たちの生命を守ることに繋がります。高い意識と自覚を持って行動されることを切に望みます。今日これから確実に実行してください。

〇自粛を要請する事項
―学内での要請事項―
1)閉鎖された空間を避ける(換気の徹底)
 ・研究室等の、定期的な換気を行うこと
 ・感染防止対策(マスクの着用・手指消毒)を徹底すること
2)昼食時における注意事項
 ・相手との距離を1m以上保ち、食前食後はマスクを着用する
 ・食事中は会話をしない
3)研究室等の夜間の使用禁止
 ・22時以降の研究室等の使用は禁止とする
  ※可能な限り、20時までに退室できるよう努めること

―学外での要請事項―
1)不要不急の外出の自粛
 ・不要不急の外出・移動を自粛すること
 ・特に20時以降の不要不急の外出自粛を徹底すること
2)居酒屋等飲酒を伴う会食・イベント等への参加を自粛
 ・一人での飲食の場合も手洗いの徹底や、対面とならない座席への着席、食事中以外はマスクやフェイスシールドの着用等、感染予防に万全を期すること
3)感染リスクの高い環境を避ける
 ・3密状態の店舗や接客を伴う飲食店、ライブハウス、カラオケボックス、バー、クラブ等の利用を自粛すること
4)閉鎖された空間を避ける(換気の徹底)
 ・閉鎖された空間での長時間の滞在は感染リスクが高いことから、定期的な換気を行うこと
 ・感染防止対策(マスクの着用・手指消毒)を徹底すること
5)体調管理の徹底
 ・少しでも感染等に見られる自覚症状がある場合は通学を控え、検査受診を行うこと

※感染が判明した場合、メディカルサポートセンターへ連絡してください。
E-mail:hoken@itp.kindai.ac.jp  TEL(06)4307-3075

なお本学では、新型コロナウイルス接触確認無料アプリ「COCOA」をインストールし、活用することを要請します。

厚生労働省ホームページ:
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

お知らせ②.png