教員情報詳細

2020年6月10日 現在

北川 忠生 (キタガワ タダオ)
准教授
所属 農学部 環境管理学科
学位 博士(学術)
専門 保全生物学 分子進化学
コメント 日本の淡水魚の起源解明と保護、国内外の他地域からの持ち込まれた外来魚やそれらが引起こす遺伝子汚染の問題について研究しています。近畿圏中心に活動しています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2019/6/20
 毎日新聞
 「ニッポンバラタナゴ」今後の繁殖について
●2019/6/16
 読売新聞
 観賞用メダカ「遺伝子混ざり適応力低下」について
●2017/9/30
 産経新聞
 絶滅危惧種・ニッポンバラタナゴについて
●2017/4/22
 読売新聞
 メダカの遺伝子汚染について。
●2015/12/4
 NHK奈良「ならナビ」
 絶滅危惧種であるニッポンバラタナゴの保護活動について。
●2015/12/2
 NHK総合「NHKニュース おはよう日本」
 野生のメダカと品種改良したヒメダカについて。
●2015/11/30
 NHK大阪「ニュースほっと関西」
 野生のメダカと品種改良したヒメダカについて。
●2015/11/12
 NHK奈良「ならナビ」
 野生のメダカと品種改良したヒメダカについて。
●2015/09/18
 毎日新聞
 ヒメダカの放流について。
●2015/09/09
 毎日新聞
 ヒメダカの放流について。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0095883

検索キーワード:遺伝子汚染

取材に関するお問い合わせ先

学校法人近畿大学 広報室
TEL:(06)4307-3007 FAX:(06)6727-5288
E-mail: koho@kindai.ac.jp
※在学生の方へ、教員の個人メールアドレスではありません。授業についてのお問い合わせは学部事務を通じてお願いします。