教員紹介

辻河 典子

辻河 典子
准教授
所属 文芸学部 文化・歴史学科
総合文化研究科
学位 博士(学術)
専門 西洋近現代史
コメント 第一次世界大戦後の中央・東ヨーロッパの政治変動をハンガリーから亡命した政治家や知識人の活動から研究し、西欧主体で描かれがちなヨーロッパ史をより多面的に考察することを目指しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/tsujikawa_n

学歴/経歴

学歴

  • 2007年4月 - 2013年3月
    東京大学 大学院総合文化研究科
  • 2008年9月 - 2010年6月
    エトヴェシュ・ロラーンド大学 人文学部
  • 2005年4月 - 2007年3月
    東京大学 大学院総合文化研究科
  • 2003年4月 - 2005年3月
    東京大学 教養学部
  • 2001年4月 - 2003年3月
    東京大学 教養学部

経歴

  • 2020年4月 - 現在
    近畿大学 文芸学部 文化・歴史学科 准教授
  • 2017年4月 - 2020年3月
    近畿大学 文芸学部 文化・歴史学科 講師
  • 2017年4月 - 2018年3月
    大阪大学 外国語学部 非常勤講師
  • 2015年4月 - 2017年3月
    近畿大学 文芸学部 文化・歴史学科 特任講師
  • 2014年6月 - 2015年3月
    城西大学 語学教育センター 非常勤講師
  • 2013年4月 - 2015年3月
    日本学術振興会 特別研究員 (PD)
  • 2011年4月 - 2013年3月
    日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2010年10月 - 2013年3月
    東京大学教養学部 英語部会 ティーチング・アシスタント
  • 2010年10月 - 2011年3月
    科学研究費補助金(基盤研究(B))「共生の宗教へむけて――政教分離の諸相とイスラーム的視点をめぐる地域文化研究」 リサーチ・アシスタント
  • 2005年4月 - 2008年7月
    東京大学教養学部 英語部会 ティーチング・アシスタント

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, ヨーロッパ史、アメリカ史
  • 人文・社会, ヨーロッパ史、アメリカ史
  • 人文・社会, 地域研究

研究キーワード

社会主義, 共和主義, 近現代史, 国際関係史, 亡命者, 戦間期, 地域研究, 中央ヨーロッパ, ハンガリー

論文

  1. 体制転換と作品解釈におけるアクチュアリティの変容:近年のハンガリーを事例に
    辻河典子
    『言語文化』(明治学院大学言語文化研究所紀要)  (36)  117-131  2019年3月  [招待有り]
  2. ハンガリーにおける体制転換の公的記憶とその起点:「第三の共和国」をめぐって
    辻河典子
    『文学・芸術・文化』(近畿大学文芸学部論集)  30  (1)  21-45  2018年9月  [査読有り]
  3. 現代ハンガリー政治における包摂と排除:ヨッビクの「人民政党」路線をめぐって
    辻河典子
    『新しい歴史学のために』  (291)  18-33  2018年2月  [招待有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 『ロシア革命とソ連の世紀 1 世界戦争から革命へ』 , 松戸清裕, 浅岡善治, 池田嘉郎, 任, 宇山智彦, 中嶋毅, 松井康浩 , 分担執筆 , 辻河典子「コラムc ハンガリー革命」(174-175頁) , 岩波書店 , 2017年6月
  2. 『東欧地域研究の現在』 , 柴宜弘, 木村真, 奥彩子 編 , 分担執筆 , 辻河典子「第7章 ハンガリー・ナショナリズムの領域と理念:「一九一八年十月」と亡命革命指導者」(140-158頁) , 山川出版社 , 2012年9月

講演・口頭発表等

  1. Representation of the Political Situations in Hungary after 1919 , 辻河典子 , The 10th East Asian Conference on Slavic Eurasian Studies , 2019年6月30日
  2. 政治介入の可能性とその模索:1920年の亡命ハンガリー社会民主党員の活動から , 辻河典子 , 仙台中東欧研究会 , 2019年3月20日
  3. 近年のハンガリーにおける景観と政治:社会主義の遺産をめぐって , 辻河典子 , 国際ワークショップ「風景・景観の改変と地域社会の変化」 , 2018年8月20日

MORE

MISC

  1. [書評] 「現代史における「被害」・「犠牲」の記憶形成と国民統合:川喜田敦子『東欧からのドイツ人の「追放」 ――二〇世紀の住民移動の歴史のなかで』(白水社、2019 年)を手がかりに , 辻河典子 , エスニック・マイノリティ研究 , 3 , 9 , 15 , 2020年2月
  2. 書評 山本明代/パプ・ノルベルト編『移動がつくる東中欧・バルカン史』 , 辻河典子 , 『西洋史学』 , 267 , 82 , 84 , 2019年6月
  3. 新刊紹介 戸谷 浩著『ブダペシュトを引き剥がす――深層のハンガリー史へ――』 , 辻河典子 , 史学雑誌 , 126 , 11 , 104 (1822) , 105 (1823) , 2017年12月

MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費補助金, (研究分担者)1918-19年像の再構築―継続と変容―
  2. 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), (研究分担者)戦間期中欧論の比較研究:民族自決原則と欧州統合の起点としての地域再編論
  3. 北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター, 「スラブ・ユーラシア地域(旧ソ連・東欧)を中心とした総合的研究」 共同利用・共同研究, (研究分担者)「東欧の『境界(ボーダー)』における領域性・空間認識の比較研究-チェコスロヴァキアおよびハンガリーを事例に」

MORE