資格取得

資格取得は、目標に近づくための大切なステップ

取得可能な資格

教員免許状 図書館司書 学 芸 員
日本文学専攻 国語(中一種)(高一種)
英語英米文学専攻 英語(中一種)(高一種)
舞台芸術専攻 国語(中一種)(高一種)
造形芸術専攻 美術(中一種)(高一種)
文化・歴史学科 社会(中一種)
地理歴史・公民(高一種)
文化デザイン学科
備 考 教職課程を受講し、
所定の単位を取得すること
※中一種:中学校教諭一種免許状
※高一種:高等学校教諭一種免許状
司書課程を受講し、
所定の単位を取得すること
博物館学課程を受講し、
所定の単位を取得すること

近畿大学公式サイトでも取得な可能な免許・資格を確認することが可能です。

教員免許

文芸学部では教職教育部と緊密な連携体制を築き、教員養成に力を入れ、教員採用試験合格者も年々増加しています。小学校教員を目指す学生には、他大学との連携による「小学校教諭1種免許取得プログラム」があります。
また、文芸学部生は、全学の教員採用試験対策サークル「教職ナビ」に多数参加しています。「教職ナビ」では、模擬面接・苦手科目対策・過去の試験問題の検討などの採用試験対策を行い、教員志望者をバックアップしています。
詳細は下記教職教育部のホームページをご覧ください。

図書館司書

図書館の司書は、図書館と図書館が所蔵する資料に関する専門的な知識を持って利用者にサービスを提供する専門職で、司書資格は、その司書になるために必要な資格です。 近畿大学には司書課程があり、文芸学部の学生も、司書課程で必要な単位を取ることによって、図書館法に基づく司書資格を取得することができます。 司書資格はもともと公立図書館員になるための専門的な資格ですが、司書課程で学ぶ情報処理の理論と技術は情報処理関連の資格をめざすためにも生かせます。

図書館司書

学芸員(博物館学課程)

学芸員は、博物館や美術館などで資料収集や調査研究などを行う専門家で、この資格が必要です。 日本文学専攻、外国語外国文学専攻、文化学科、舞台芸術専攻、造形芸術専攻、英語多文化コミュニケーション学科のいずれの学生も、この資格を取得することができます。講義などに加えて、博物館での実習があり、学外での体験学習の良い機会にもなります。 必修科目として博物館学や教育学概論などが、選択必修科目として美術史、歴史、民俗学、考古学、書誌学などがあります。博物館法が規定する科目を履修しなければならないので、取得にはエネルギーが必要ですが、高く評価される資格です。 チャレンジしてみてください。

学芸員(博物館学課程)

日本語教員養成課程

日本語教員とは外国人や海外での生活が長かった日本人に日本語を教える仕事で、国際化が進む現代社会の中で必要とされる機会が非常に多い職業です。 日本語教員には今のところ特別な免許や資格試験はありませんが、各大学で日本語教員に必要な講義を学んだことを認定する課程を設けており、近畿大学文芸学部では〈日本語教員養成課程〉という課程があります。文学科外国語外国文学専攻・日本文学専攻、文化学科、英語多文化コミュニケーション学科の指定された科目を履修することで〈日本語教員養成課程〉を終えたことを認定する「修了証明書」が交付されます。指定科目はほとんどが〈開放科目〉ですから、学科・専攻に縛られず文芸学部の学生は〈日本語教員養成課程〉を履修することが可能です。

日本語教員養成課程