教員紹介

大澤 聡

大澤 聡
准教授
所属 文芸学部 文学科日本文学専攻
総合文化研究科
学位 博士(学術)
専門 メディア史、日本の現代小説
コメント 出版産業やジャーナリズムの来歴を分析してきました。近年は、各種マスコミでの寄稿や連載をとおして、デジタル時代の言論構造について発言しています。また、文芸誌で批評もおこなっています。
備考 <報道関連出演・掲載一覧>
●2019/3/9
 毎日新聞
「あえて」の感覚 世代の変化について
●2018/10/14
 朝日新聞
 「メガヒット時代」回顧について
●2018/04/14
 毎日新聞
 平成の時代を再考
●2017/08/04
BSスカパー!「ニュースザップ」
(スタジオ出演)コメンテーターとして
●2017/06/06
BSスカパー!「ニュースザップ」
(スタジオ出演)コメンテーターとして
●2017/03/24
BSスカパー!「ニュースザップ」
(スタジオ出演)「5時間SP 変わるお金の価値と幸せのカタチ!」
●2017/02/26
NHKEテレ「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」
(スタジオ出演)「AIのジレンマ大研究」
●2017/02/16
BSスカパー!「ニュースザップ」
(スタジオ出演)コメンテーターとして
●2017/1/12
毎日新聞「次世代の戦後 記憶と表現」
(インタビュー)「大宅壮一流「鳥の目」を再び」
●2017/01/01
NHKEテレ「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」
(スタジオ出演)「“Post-Truth”の逆襲 未来は明るいか?」
●2016/11/03
朝日新聞「憲法を考える」
(インタビュー)「改正論議の中 視線を未来へ」●2016/10/25
BSスカパー!「ニュースザップ」
(スタジオ出演)コメンテーターとして
●2016/08/09
BSスカパー!「ニュースザップ」
(スタジオ出演)コメンテーターとして
●2016/07/31
NHKEテレ「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」
(スタジオ出演)「ポリティカル・コレクトネスのジレンマ大研究」
●2016/05/21
朝日新聞「演歌は日本の心、か」
(インタビュー)「ノスタルジーと同じ感覚」
●2016/01/01
NHKEテレ「新世代が解く!ニッポンのジレンマ」
(スタジオ出演)「元日SP”競争”と”共生”のジレンマ」
リサーチマップ https://researchmap.jp/sat_osawa

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 日本文学
  • 人文・社会, 社会学

論文

  1. 国家と批評《第2回》――トポフィリア・フォー・中央線沿線

    『群像』(講談社)3月号  75  (3)  413-444  2020年2月  [招待有り]
  2. 国家と批評《第1回》――煙草を噛む男

    『群像』(講談社)2月号  75  (2)  64-87  2020年1月  [招待有り]
  3. 編集する三木清(下)--未公開文書「「思想」改革私見」とその周辺
    大澤 聡
    『図書』(岩波書店)7月号  21-27  2018年7月  [招待有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 教養主義のリハビリテーション , 大澤 聡 , 単著 , 筑摩書房(筑摩選書) , 2018年5月
  2. 現代日本の批評 2001-2016 , 東 浩紀, 市川 真人, 大澤 聡, 佐々木 敦, さやわか , 共著 , 講談社 , 2018年2月
  3. 現代日本の批評 1975-2001 , 東 浩紀, 市川 真人, 大澤 聡, 福嶋 亮大 , 共著 , 講談社 , 2017年11月

MORE

講演・口頭発表等

  1. 「グループのメディア史」序説 , 日本マス・コミュニケーション学会2019年度秋季研究発表会 , 2019年10月26日
  2. 昭和教養主義再考:三木清と河合栄治郎 , 政治思想学会第26回(2019年度)研究大会 , 2019年5月25日
  3. 理論の死と「のっぺりした世界」――1990年代日本の文化状況 , 同時代史学会2018年度大会 , 2018年12月8日

MORE

MISC

  1. [インタビュー]著者に聞く--『教養主義のリハビリテーション』 , 大澤 聡 , 『Voice』9月号(PHP研究所) , 238 , 241 , 2018年9月
  2. [解説/批評]ヒューマンインタレストの使い道 , 大澤 聡 , 『江藤淳と大江健三郎--戦後日本の政治と文学』(ちくま文庫) , 441 , 449 , 2018年8月
  3. [回答]2018年上半期読書アンケート , 大澤 聡 , 『図書新聞』(図書新聞) , 3360 , 6 , 2018年7月

MORE

受賞

  1. 2017年6月, 日本マス・コミュニケーション学会, 内川芳美記念マス・コミュニケーション学会賞,
  2. 2016年5月, 日本出版学会, 日本出版学会奨励賞,

競争的資金

  1. 科学研究費補助金, 若手研究(B), 1920-50年代の東アジア/日本の言論インフラをめぐる総合的研究
  2. 科学研究費補助金, 特別研究員奨励費(PD), 戦前期日本のメディア環境と東アジア―論壇/文壇ジャーナリズムの存立構造を中心に
  3. 科学研究費補助金, 特別研究員奨励費(DC2→PD), 植民地帝国日本のメディア編制―1930年代の文学・思想における相互連関とその変容