教員紹介

専任教員

海道 俊明

海道 俊明
KAIDO Toshiaki

学歴学位
神戸大学大学院法学研究科実務法律専攻課程
法務博士(専門職)
主な経歴
神戸大学大学院法学研究科・法学部助教('11.11)
近畿大学大学院法務研究科講師('15.4)
近畿大学大学院法務研究科准教授('18.4~現在に至る)
学会・社会等の活動
関西アメリカ公法学会会員
行政判例研究会
関西行政法研究会
法務省司法試験予備試験考査委員('16~'18)
大阪府建築審査会委員('17~)
大阪府個人情報保護審議会委員('19~)
主な著書・論文
「違法性承継論の再考(一)~(四・完)」(『自治研究』90巻3~6号・2014)
「行政機関による制定法解釈とChevron法理(一)」(『神戸法学雑誌』66巻3・4号65-118頁・2017)
メッセージ
行政法は、他の六法科目などと異なり全体像が見え辛く、苦手意識を持っている方も多いかもしれません。しかし、裏を返せば、そのような苦手意識は、イメージ先行の食わず嫌いに起因しているとも言えます。判例と個別法の理解を深めれば、必ず意識は変わってくるでしょう。皆さんの夢の実現に向けて私も尽力したいと思いますので、共に頑張りましょう。