自己点検・評価

規程・体制

自己点検評価委員会規程

第1条 法科大学院に自己点検・評価委員会を置く。

第2条 本委員会は、法科大学院における教育、研究等の現況とその独自性についての自己点検・評価を
適正に実施するとともに、自己点検・評価の結果が法科大学院における教育、研究等の改善に
生かされることを確保することにより、法科大学院の使命の実現に貢献することを目的とする。

2 前項の目的に基づき、本委員会は、近畿大学法科大学院自己点検・評価規程に掲げる事項に関する
点検・評価、FD研修会の計画・実施及びシラバスの点検・監査を行う。

第3条 本委員会は、法科大学院長(以下、「学院長」という。)が委嘱する教職員をもって構成する。

第4条 本委員会に委員長を置き、学院長がこれを委嘱する。

第5条 本委員会の委員の任期は、2年とする。

第6条 本委員会は、必要に応じて委員以外の者の出席を求め、意見を聴き又は書面の提出を求めることができる。

第7条 本委員会の事務は、法科大学院事務課において行う。

    附 則
この規程は、平成16年4月1日から施行する。
附 則
この規程は、平成21年4月1日から施行する。
附 則
この規程の改正は、平成30年4月1日から施行する。