教員紹介

湯浅 雅賀
湯浅 雅賀
准教授
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学研究科
学位 博士(工学)
専門 無機材料化学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント エネルギー技術や環境技術に貢献するための機能性無機材料について研究しています。特に、次世代の大容量蓄電池として注目されている金属空気電池や環境計測用ガスセンサを開発しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/msyuasa

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 2003年4月 - 2005年5月
    九州大学 大学院総合理工学府
  • 2001年4月 - 2003年3月
    九州大学 大学院総合理工学府
  • 1998年4月 - 2001年3月
    九州大学 工学部

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 生物環境化学科 Faculty of Humanity-Oriented Science and Engineering, Department of Biological and Environmental Chemistry 准教授
  • 2016年10月 - 2019年3月
    九州工業大学 非常勤講師
  • 2015年4月 - 2018年3月
    近畿大学 産業理工学部 生物環境化学科 講師
  • 2007年4月 - 2015年3月
    九州大学 大学院総合理工学研究院 助教
  • 2005年6月 - 2007年3月
    九州大学 大学院総合理工学研究院 助手

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, エネルギー化学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 電子デバイス、電子機器
  • ナノテク・材料, 機能物性化学

研究キーワード

ナノ材料, 電池, ナノ粒子合成, 無機工業化学, 空気電池, 放電特性, ナノ粒子, ガスセンサ, 半導体, 分子認識, 電気化学, ガス拡散, 酸化スズ, 担持, メソマクロポア制御, VOC, センサ, 酸化タングステン

論文

  1. Oxygen reduction/evolution activity of air electrodes using nitrogen-doped and perovskite-type oxide loaded reduced graphene oxides
    Masayoshi Yuasa; Yuko Suenaga; Ryushin Nakamura; Kenta Abe; Shunsuke Watanabe
    Journal of Applied Electrochemistry  49  1055-1067  2019年9月  [査読有り]
  2. Effect of ambient oxygen partial pressure on the hydrogen response of SnO2 semiconductor gas sensors
    Koichi Suematsu; Ken Watanabe; Masayoshi Yuasa; Tetsuya Kida; Kengo Shimanoe
    Journal of the Electrochemical Society  166  (8)  B618-B622  2019年  [査読有り]
  3. Urea treatment of nitrogen-doped carbon leads to enhanced performance for the oxygen reduction reaction
    Anna Ilnicka; Jerzy P. Lukaszewicz; Kengo Shimanoe; Masayoshi Yuasa
    Journal of Materials Research  33  (11)  1612-1624  2018年6月13日  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 電気化学/インピーダンス 測定のノウハウと正しい データ解釈 , 湯浅雅賀 , 第3章第3節 pp.362-365「ガス拡散型電極の電位測定法」 , 第3章第3節 pp.362-365「ガス拡散型電極の電位測定法」 , 技術情報協会 , 2013年5月
  2. 触媒調製ハンドブック , 湯浅雅賀 , 第2編3章09節 pp.188-189 「ペロブスカイト型 酸化物の合成(逆ミセル法)」 , 第2編3章09節 pp.188-189 「ペロブスカイト型 酸化物の合成(逆ミセル法)」 , エヌ・ティー・エス , 2011年4月

講演・口頭発表等

  1. BaSnO3のガス検知特性 , 峯 亮一; 湯浅 雅賀 , 第58 回セラミックス基礎科学討論会 , 2020年1月9日
  2. 酸素還元発生二元機能電極材料の探索 , Masayoshi Yuasa; Miu Tanaka; Mamia Yoshida; Masayo Shimizu , Materials Research Meeting (MRM2019) , 2019年12月11日
  3. 導電性バナジン酸ガラスの局所構造と蓄電池への応用 , Nobuto Oka; Hajime Miyamoto; Ryoya Susimoto; Sayaka Masuda; Masayoshi Yuasa; Tetsuaki Nishida , Materials Research Meeting (MRM2019) , 2019年12月11日

MORE

MISC

  1. Photocatalytic Recovery of Noble Metals from Waste Solutions Using a Polyoxometallate (POM)-Based Hybrid Photocatalyst , Tetsuya Kida; Hiromasa Matsufuji; Masayoshi Yuasa; Kengo Shimanoe , MULTI-FUNCTIONAL MATERIALS AND STRUCTURES IV , 747 , 518 , + , 2013年
    概要:We attempted the photo-chemical recovery of noble metals from solutions using inorganic-organic hybrid photocatalysts based on polyoxometallates (POMs) such as PMo12O403-, SiW12O404-, and gamma-SiW10O368- coupled with a cationic surfactant, dimethyldioctadecylammonium (DODA). We also used gamma-SiW10O36-O(SiC18H37)(2) as a photocatalyst. The four different photocatalysts dissolved in chloroform successfully photoreduced gold ions dissolved in water in a two-phase (chloroform/water) system under UV irradiation (lambda < 475 nm). The gamma-SiW10O36/DODA photocatalyst exhibited the best activity and was able to recover gold from solution. It was suggested that one-electron reduced gamma-SiW10O369-, which was formed by UV irradiation, reduced gold ions to produce large two-dimensional particles. The formation of sheet-like particles indicates that the reduction of gold ions occurred at the interface between chloroform and water.
  2. H2O/D2O exchange in the presence of CO over SnO2 nanomaterials: operando DRIFTS and resistance study for gas sensor applications , R. G. Pavelko; J. -K. Choi; A. Urakawa; M. Yuasa; T. Kida; K. Shimanoe; N. Yamazoe , PHYSICAL CHEMISTRY OF INTERFACES AND NANOMATERIALS XII , 8811 , 2013年
    概要:Modulation excitation diffuse reflectance infrared Fourier transform spectroscopy (DRIFTS) together with resistance measurements has been carried out to study water isotopic exchange on undoped SnO2 materials as a function of CO concentration. We compare two materials synthesized via hydrothermal treatment and different only in their precursors: SnO2 Ac synthesized from tin(IV) hydroxide acetate and SnO2 Cl from tin(IV) chloride pentahydrate. DRIFTS and resistance measurements were performed simultaneously in an environmental chamber at 300 oC and in a flow of humid air. The annealed materials were found to have similar particle sizes (16 +/- 7 nm), crystallite sizes (12 +/- 2 nm) and pore size distribution (9 +/- 1 nm). However, sensor tests showed notably higher responses to CO in the presence of water vapor for SnO2 Ac. Electronic effect of CO chemisorption quantitatively correlates with consumption of bridging hydroxyls on the latter surface upon increasing concentration of CO from 0 to 500 ppm in humid air. No such correlation was found for SnO2 Cl. Water desorption kinetics was found to be slower for the latter by ca. 30 % with respect to SnO2 Ac. Low activity of surface OH groups and consequently low sensor signals of SnO2 Cl were proposed to originate from traces of Cl ions found in the material after the synthesis despite negative Cl test before the hydrothermal treatment.
  3. SnO₂ナノ粒子ガスセンサにおける水素応答メカニズムの検討 , 末松 昂一; 湯浅 雅賀; 木田 徹也 , Proceedings of the Chemical Sensor Symposium , 53 , 0 , 115 , 117 , 2012年3月

MORE

産業財産権

  1. リチウム空気二次電池 , 林 政彦, 蓑輪 浩伸, 林 克也, 小林 隆一, 島ノ江 憲剛, 木田 徹也, 湯浅 雅賀
  2. 空気電池用ガス拡散電極およびその作製方法ならびに空気電池 , 松元 隆志, 新井 健太郎, 斉藤 憲明, 木野 貴允, 岩本 淳, 島ノ江 憲剛, 湯浅 雅賀
  3. BiMeVOx系VOCsセンサ , 島ノ江 憲剛, 山添 昇, 木田 徹也, 湯浅 雅賀, 南 卓也 , 特許第4859129号

MORE

受賞

  1. 2011年11月, Outstanding paper of International Conference on Advanced Electromaterials 2011

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C), 機能化ナノカーボンのメカノケミカル合成と電気化学エネルギー変換デバイスへの応用 , 近畿大学
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 機能化ナノカーボンによる高性能金属空気二次電池の構築
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 高性能な金属空気二次電池用空気極のための触媒担持導電性酸化物の精密合成 , 九州大学

MORE