教員紹介

田中 賢二
田中 賢二
教授/学部長補佐
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学研究科
学位 博士(農学)
専門 微生物工学、応用微生物学
ジャンル 環境/生物・動植物
コメント 新たな微生物を発見してその能力を解き明かし、CO2削減やグリーンプラスチック、プロバイオティクス乳酸菌、資源管理型漁業など産業や医薬、環境保全に利用する方法を研究しています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0172326

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 1989年4月 - 1991年3月
    九州大学大学院 農学研究科
  • - 1991年
    九州大学 Graduate School, Division of Agriculture
  • 1983年4月 - 1987年3月
    九州大学 農学部
  • - 1987年
    九州大学 Faculty of Agriculture
  • 1979年4月 - 1982年3月
    福岡県立嘉穂高等学校
  • 九州大学大学院 農学研究科

経歴

  • 2007年4月 - 2008年3月
    近畿大学産業理工学部 生物環境化学科 准教授
  • 2004年4月 - 2007年3月
    近畿大学産業理工学部 生物環境化学科 助教授
  • 2000年4月 - 2002年3月
    近畿大学九州工学部 生物環境化学科 講師
  • 1991年 - 1999年
    Research associate,

  • 九州大学 大学院農学研究院

  • Dept of Food Science & Technology,

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 応用生物化学
  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), バイオ機能応用、バイオプロセス工学
  • ライフサイエンス, 食品科学

研究キーワード

Ideonella, CO2固定, 硝酸還元菌, 乳酸菌, 高密度培養, 乳酸発酵, ワムシ, ポリヒドロキシ酪酸, Ralstonia eutropha, グリーンプラスチック, 水素酸化細菌, Biochemical Engineering, Applied microbiology・Applied biochemistry

論文

  1. Metabolic Engineering for Biosynthesis of P(3HB-co-3HHx) from Sugars, CO2, and Methanol.
    Toshiaki Fukui; Izumi Orita; Kenji Tanaka
    Proceedings of The 7th International Conference on Bio-Based Polymers for Bio-Circular-Green Economy(ICBP2019)  2019年11月 
  2. Microbial production of polyhydroxyalkanoates from CO2 by hydrogen-oxidizing bacteria
    Tanaka K; Suzuki N; Izumi O; Fukui T
    Proceedings of International Symposium on Biopolymer Synthesis and Degradation  14-15  2019年7月  [招待有り]
  3. Enhancement of lactate fraction in poly(lactate-co-3-hydroxybutyrate) synthesized by Escherichia coli haboring the D-lactate dehydrogenase gene from Lactobacillus acetotolerans HT
    Saki Goto; Naoyuki Suzuki; Kenichiro Matsumoto; Seiichi Taguchi; Kenji Tanaka; Hiromi Matsusaki
    The Journal of General and Applied Microbiology  in press  2019年5月  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. 農芸化学の事典(鈴木昭憲、荒井綜一編), エネルギー代謝 , 田中 賢二 , 朝倉書店 , 2003年10月
  2. エネルギー代謝。農芸化学ハンドブック , 朝倉書店 , 2003年
  3. Ultra-high-density Culture of a marine zooplankton Brachionus rotundiformis (Rotifer) using a membrane filtration , Proceedings of current biotechnology and Bioengineering(XI) , 2002年

MORE

講演・口頭発表等

  1. 新規乳酸ベースバイオポリマーの生合成における培養条件の検討 , 岡本 沙樹; 西上 明花; 後藤 早希; 松本 謙一郎; 阿部 英喜; 田口 精一; 田中 賢二; 松崎 弘美 , 日本農芸化学会2020年度 , 2020年3月27日
  2. 平板状銀ナノ粒子を用いた塗料状光半導体による殺菌と光照射の効果 , 田中 賢二; 宮本 樹里; 伊東 謙吾 , 日本農芸化学会2020年度大会 , 2020年3月27日
  3. Antibacterial activity of new ABC semiconductor and the effect of light irradiation , J. Miyamoto; K. Ito; K.Tanaka , Materials Research Meeting 2019

MORE

MISC

  1. 組換え大腸菌による糖からの生分解性共重合ポリエステルの生合成 , 外村彩夏; 西村綾乃; 後藤早希; 脇田和; 田口精一; 松本謙一郎; 柘植丈治; 田中賢二; 松崎弘美 , 日本農芸化学会大会講演要旨集(Web) , 2015 , 2C31A05 (WEB ONLY) , 2015年3月5日
  2. Erratum to: Microbial production of poly(hydroxybutyrate) from C1 carbon sources (vol 97, pg 1407, 2013) , Kianoush Khosravi-Darani; Zahra-Beigom Mokhtari; Tomohito Amai; Kenji Tanaka , APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY , 97 , 12 , 5657 , 5657 , 2013年6月
  3. LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物の培養の省エネルギー生産技術の開発 , 田中 賢二 , 農林水産技術会議委託プロジェクト研究 生物の光応答メカニズムの解明と省エネルギー、コスト削減利用技術の開発 , 2012年2月

MORE

産業財産権

  1. 生分解性プラスチックとその製造方法およびその製造装置
  2. 動物プランクトンの培養方法およびそれを用いた培養装置
  3. 二酸化炭素から生分解性プラスチック製造用バイオポリマーを発酵生造する方法

受賞

  1. 2002年, 日本生物工学会, 技術賞
  2. 1996年, 日本生物工学会, 照井賞

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 農林水産省, 農林水産技術会議委託研究プロジェクト, 生物の光応答メカニズムの解明と高度利用技術の開発:LED等を用いた光照射技術の活用による動物性餌料生物の培養の省エネルギー生産技術の開発
  2. 日本学術振興会, 科学研究費 基盤研究(C), 資源管理型漁業のための微生物餌料とその利用技術の開発
  3. 福岡県飯塚市, 飯塚市研究テーマ探索事業, 遠賀川から分離した二酸化炭素固定化細菌による無公害プラスチック

MORE