教員紹介

白土 浩
白土 浩
准教授
所属 産業理工学部 電気電子工学科
産業理工学・産業技術研究科
学位 博士(情報工学)
専門 知能情報処理・信号処理
ジャンル 科学・技術/情報技術
コメント 携帯電話や地上デジタル波放送で用いられる無線通信方式の効率を高める方法について研究しています。主に信号処理や知能情報処理の観点から検討を進めています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/sira

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 1996年4月 - 1999年3月
    九州工業大学 情報工学研究科
  • - 1999年
    九州工業大学
  • 1994年4月 - 1996年3月
    近畿大学大学院 産業技術研究科
  • 1990年4月 - 1994年3月
    近畿大学 九州工学部

経歴

  • 2009年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 電気通信工学科 准教授
  • 2005年4月 - 2009年3月
    近畿大学 産業理工学部 電気通信工学科 講師
  • 1999年4月 - 2005年3月
    琉球大学 工学部 情報工学科 助手

研究活動情報

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 通信工学
  • 情報通信, 知能情報学

研究キーワード

ニューラルネットワーク, 信号処理

論文

  1. Embedded Controller Based Learning System for DC Motor Control
    MATSUZAKI Takanori, Osman Elfadil, HORIUCHI Kozo, SHIRATSUCHI Hiroshi, MASHIKO Koichiro
    International Journal of Innovative Computing, Information and Control  14  (3)  997-1008  2019年3月  [査読有り]
  2. A Study on Usage Status Survey and User Location History of Campus Wireless LAN System
    H.Shiratsuchi, K.Horiuchi, T.Matsuzaki
    ICIC Express Letters, Part B: Applications  10  (2)  121-128  2019年2月  [査読有り]
  3. Studies on Visualization of User Location History and Usage Status in Campus Wireless LAN System
    SHIRATSUCHI Hiroshi, HORIUCHI Kozo, MATSUZAKI Takanori
    ICIC Express Letters, Part B:Applications  10  (2)  121-127  2019年2月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. 市販モータを使用した速度制御系における限界感度法による制御定数の決定法 , 小柳大輔, 白土浩, 五反田博, 久良修郭 , 計測自動制御学会九州支部学術講演会予稿集 , 2013年11月30日
  2. アフリカ地域の学校教員を対象とした組込みシステム教育について , 松崎隆哲, 白土浩, 久良修郭 , 情報処理学会全国大会講演論文集 , 2013年3月6日
  3. アフリカ地域の学校教員を対象とした組込みシステム教育について , 松崎 隆哲, 白土 浩, 久良 修郭 , 平成25年度 情報処理学会第72回全国大会 , 2013年3月

MORE

MISC

  1. 学内無線LANシステムのアクセスポイント接続状況監視と移動履歴追跡の可視化について , 白土浩, 堀内幸三, 松崎隆哲 , 平成30年度(第71回)電気・情報関係学会九州支部連合大会 , 2018年9月
  2. 発音指導支援システム運用における教育・医療・大学・地域支援者の連携の実現 , 勝瀬 郁代, 白土 浩, 岡野 亜希子, 堀内 幸造 , かやのもり : 近畿大学産業理工学部研究報告 : reports of School of Humanity-Oriented Science and Engineering, Kinki University , 22 , 7 , 13 , 2015年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/120005737583
    概要:[Abstract]We developed a Web application system for children with pronunciation difficulties to practice pronunciation. The system users are assignedone of the following authorizations: student, teacher, medical worker, or speech evaluator. The teachers, medical workers, and speech evaluators are grouped by the student to whom they are linked and can access exercise records and student speech sounds by the Internet. The teachers can individually tailor practice words to each child's pronunciation needs. The medical workers and speech evaluators confirm the accuracy of the student's pronunciation and can share information with teachers. Thus, our system will encourage students to practice their pronunciation and promote the cooperation of teachers and medical workers for more effective instruction. This system is supported by the system management of the university and by the technological assistance of the local volunteer.
  3. アフリカ地域の学校教員を対象とした組込みシステム教育について , 松崎隆哲, 白土浩, 久良修郭 , 情報処理学会全国大会講演論文集 , 75th , 4 , 4.419-4.420 , 2013年3月6日 , http://jglobal.jst.go.jp/public/201302255795488920

MORE

競争的資金

  1. 階層型ニューラルネットの学習特性に関する研究