教員紹介

PELLOWE William
PELLOWE William
准教授
所属 産業理工学部 経営ビジネス学科
学位 Masters of Arts
専門 CALL(コンピュータ支援言語学習)
ジャンル 社会/教育・学校・語学
コメント 私の現在進行中のプロジェクトは、“学生レスポンスシステム(SRS)”です。SRSは、クイズや学生がiPod Touchやその他のモバイルデバイスを介してアクセスするための調査をしています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/pellow

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 1995年9月 - 1998年7月
    バーミンガム大学

経歴

  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学産業理工学部 経営ビジネス学科 准教授
  • 2000年4月 - 2016年3月
    近畿大学 産業理工学部 講師

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会, 教育工学
  • 人文・社会, 外国語教育

研究キーワード

SRS 学生応答システム, TEFL, CALL コンピューター利用語学学習

論文

  1. Creative variations for textbook conversations
    ペロウ ウィリアム
    JALT CUE Circular (大学外国語教育研究部会)  8  (1)  3-8  2019年6月 
  2. Measuring and predicting graded reader difficulty
    Trevor A. Holster; J. W. Lake; ペロウ ウィリアム
    Reading in a Foreign Language  49  (2)  218-244  2017年10月  [査読有り]
  3. レスポンスカード(応答カード)を用いることで、学生の積極的参加を促進する
    ウイリアム R ペロウ
    Sustainability: Making Teaching and Learning Last (PanSIG 2014 Proceedings)  172-177  2015年5月  [査読有り]

MORE

講演・口頭発表等

  1. オンラインレッスンへの積極的な参加 , ペロウ ウィリアム , Online Teaching Japan (Summer Sessions) , 2020年8月24日
  2. Using Google Forms as Quizzes , William Pellowe , 全国語学教育学会、新潟支部、PanSIG2020中に開催(分野別研究部会2020年度大会) , 2020年6月21日
  3. Teach Paragraph Organization with Google Quizzes. , ペロウ ウィリアム , ETA-ROC 2019: The 28th International Symposium and Book Fair on English Teaching , 2019年11月9日

MORE