教員紹介

小野 聡子
小野 聡子
教授
所属 産業理工学部 建築・デザイン学科
産業理工学・産業技術研究科
学位 博士(工学)
専門 建築力学
ジャンル 文化/現代建築
コメント 建築物における免震および制震について研究しています。現在、構造的にユニークな建築物を力学的に創生させる手法を研究しており、建築物の耐震評価や工事の入札関係の評価について学外委員をしています。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0063250

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 1992年4月 - 1995年3月
    大阪大学大学院 工学研究科博士後期課程
  • - 1995年
    大阪大学
  • 1990年4月 - 1992年3月
    大分大学大学院 工学研究科修士課程
  • 1986年4月 - 1990年3月
    大分大学 工学部
  • - 1990年
    大分大学

経歴

  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 建築・デザイン学科 教授
  • 2014年4月 - 2016年3月
    独立行政法人国立高等専門学校機構 有明工業高等専門学校 建築学科 教授
  • 2007年4月 - 2014年3月
    独立行政法人国立高等専門学校機構 有明工業高等専門学校 建築学科 准教授
  • 2004年4月 - 2007年3月
    独立行政法人国立高等専門学校機構 有明工業高等専門学校 建築学科 助教授
  • 2003年4月 - 2004年3月
    有明工業高等専門学校 建築学科 助教授
  • 1996年4月 - 2003年3月
    有明工業高等専門学校 建築学科 講師
  • 1995年4月 - 1996年3月
    有明工業高等専門学校 建築学科 助手

研究活動情報

研究分野

  • 社会基盤(土木・建築・防災), 建築構造、材料

研究キーワード

建築構造・材料

MISC

  1. 固有周期の変化から建物の層剛性変化とその位置を推定する方法(共著) , 日本建築学会学術講演梗概集 , 構造(]G0001[) , B-1 , 421 , 422 , 2000年
  2. 柱・梁を弾性域に留める履歴ダンパー付架構の設計耐力(多質点系のベースシャー係数)(共著) , 日本鋼構造協会鋼構造論文集 , 5 , 17 , 29 , 44 , 1998年
  3. 柱・梁を弾性域に留める履歴ダンパー付架構の設計耐力(1質点系による考察)(共著) , 日本鋼構造協会鋼構造論文集 , 5 , 17 , 13 , 28 , 1998年

MORE

受賞

  1. 福岡県建築・住宅センター, 感謝状,

競争的資金

  1. 建築構造物における地震エネルギー吸収装置の開発
  2. 木造建築物(木造住宅)の耐震診断調査
  3. 建築構造物の損傷同定に関する研究