教員紹介

岡 伸人
岡 伸人
准教授
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学・産業技術研究科
学位 博士(工学)
専門 環境材料科学
ジャンル 科学・技術/化学
コメント エネルギーや環境負荷の低減につながる機能性材料や合成プロセスの開発に取り組んでいます。
リサーチマップ https://researchmap.jp/nobuto_oka

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 東京大学, 東京大学 大学院 (学位取得: 2006年)

経歴

  • 2016年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 准教授
  • 2013年4月 - 2016年3月
    東北大学 多元物質科学研究所 准教授 (研究特任)
  • 2012年4月 - 2013年3月
    事業構想大学院大学 准教授
  • 2008年4月 - 2012年3月
    青山学院大学理工学部化学・生命科学科 助教, 博士研究員
  • 2006年10月 - 2008年3月
    東京大学大学院新領域創成科学研究科人間環境学専攻 特任助教, 産学官連携研究員

研究活動情報

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学), 熱工学
  • 情報通信, 情報学基礎論
  • ナノテク・材料, 薄膜、表面界面物性
  • ナノテク・材料, 無機材料、物性
  • ナノテク・材料, 機能物性化学
  • 情報通信, ヒューマンインタフェース、インタラクション
  • 情報通信, データベース

論文

  1. PAMPSハイドロゲルによる水溶液中のCs+ の吸着・除去技術
    増田彩花, 杉本亮弥, 西田哲明, 岡伸人
    RADIOISOTOPES  68  331-337  2019年  [査読有り]
  2. 119Sn and 57Fe Mӧssbauer study of highly conductive vanadate glass
    T. Nishida, Y. Fujita, S. Shiba, S. Masuda, N. Yamaguchi, T. Izumi, S. Kubuki, N. Oka
    J. Mater. Sci.: Mater. Electron.  30  (9)  8847-8854  2019年  [査読有り]
  3. Effect of Substitutional Doping of Tin in Highly Conductive Barium Iron Vanadate Glass
    Y. Fujita, H. Miyamoto, S. Kubuki, S. Masuda, T. Nishida, N. Oka
    Physica Status Solidi A  216  1800157  2019年  [査読有り]

MORE

書籍等出版物

  1. ナノ・マイクロスケール熱物性ハンドブック , 日本熱物性学会 , 分担執筆 , 6-2-6有機薄膜、6-4-2透明導電性薄膜 , 養賢堂 , 2014年7月
  2. 透明導電膜の技術 改訂3版 , 日本学術振興会, 透明酸化物光, 電子材料, 委員会 , 分担執筆 , 3・6 熱・機械的性質、8・6 熱的特性の測定法 , オーム社 , 2014年4月
  3. カーボン材料実験技術(製造・合成編)-クラシックカーボンからナノカーボンまで- [炭素材料学会 (編集)] , 岡 伸人, 笘居高明, 本間 格 , 分担執筆 , 2-11. 超臨界流体によるグラフェンの量産化技術 , 株式会社国際文献社 , 2013年11月

講演・口頭発表等

  1. Nanocarbon Catalyst synthesized by the Solution Plasma Process for the Air-electrode of Metal-Air Battery , R. Sugimoto, R. Imamura, T. Okamura, S. Masuda, Y. Iyoku, M. Yuasa, T. Nishida, N. Oka , 11th International Symposium on Transparent Oxide and Related Materials for Electronics and Optics (TOEO-11) , 2019年10月
  2. Development of Ni-containing Condactive Vanadate Glass Catalyst for the Metal-Air Rechargeble Battery , R. Sugimoto, H. Miyamoto, T. Sakuragi, S. Masuda, M. Yuasa, T. Nishida, N. Oka , 11th International Symposium on Transparent Oxide and Related Materials for Electronics and Optics (TOEO-11) , 2019年10月
  3. Mössbauer Study of Highly Conductive Vanadate Glass Containing Tin or Indium Oxides , S. Masuda, Y. Fujita, N. Yamaguchi, R. Sugimoto, S. Shiba, S. Kubuki, T. Nishida, N. Oka , 11th International Symposium on Transparent Oxide and Related Materials for Electronics and Optics (TOEO-11) , 2019年10月

MORE

MISC

  1. 超臨界流体を用いた機能性ナノグラフェンの量産化プロセスの開発 (特集 革新的プロセス開発の新展開) , 笘居 高明, 岡 伸人, 本間 格 , 月刊ケミカルエンジニヤリング , 59 , 2 , 119 , 124 , 2014年2月
  2. 超臨界流体によるグラフェンの量産化技術 (連載講座 新しく炭素材料実験を始める人のために) , 岡伸人, 笘居高明, 本間格 , 炭素 , 261 , 19 , 24 , 2014年1月
  3. 超臨界流体によるグラフェンの超低コスト合成 , 岡 伸人, 笘居 高明, 本間 格 , 月刊Material Stage [2013年12月号] , 2013年12月

MORE

受賞

  1. 2019年10月, The 11th International Symposium on Transparent Oxide and Related Materials for Electronics and Optics (TOEO-11), Best Poster Award (Gold), Conductive Vanadate Glass Applied to New Cathode Active Material for High-Capacity Li-ion Battery
  2. 2019年8月, 近畿大学環境科学研究会, 優秀研究発表賞, Ni添加バナジン酸塩ガラスを用いた空気極二元機能触媒の開発
  3. 2019年7月, 第56回化学関連支部合同九州大会, 優秀研究発表賞, クロム(Ⅲ)を添加したバナジン酸塩ガラスを正極活物質とする高容量リチウムイオン電池の開発

MORE

競争的資金

  1. 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO), 有機発光機構を用いた高効率照明技術の開発
  2. 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構 (NEDO), 次世代高効率・高品質照明の基盤技術開発
  3. 高度な機能を有する無機薄膜材料の研究 (透明導電膜・光触媒・エレクトロクロミックなど)

MORE