教員紹介

松本 幸三
松本 幸三
教授/生物環境化学科長
所属 産業理工学部 生物環境化学科
産業理工学研究科
学位 博士(工学)
専門 高分子合成、有機合成、機能性高分子材料
ジャンル 科学・技術/化学
コメント 高分子合成、有機合成、機能性高分子材料について研究しています。特に、電池用途の高分子電解質、生体接着剤、バイオベース硬化樹脂についてです。
リサーチマップ https://researchmap.jp/read0046876

研究概要

学歴/経歴

学歴

  • 1990年4月 - 1994年11月
    京都大学大学院 工学研究科
  • - 1994年
    京都大学 Graduate School, Division of Engineering
  • 1986年4月 - 1990年3月
    京都大学 工学部
  • - 1990年
    京都大学 Faculty of Engineering

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 産業理工学部 生物環境化学科 教授
  • 2012年4月 - 2018年3月
    近畿大学 産業理工学部 生物環境化学科 准教授
  • 2011年4月 - 2012年3月
    近畿大学 分子工学研究所 准教授
  • 2006年8月 - 2011年3月
    近畿大学 分子工学研究所 講師
  • 1995年2月 - 2006年7月
    京都大学大学院 工学研究科 高分子化学専攻 助手
  • 1998年2月 - 1999年1月
    カリフォルニア工科大学 文部省在外研究員
  • 1998年 - 1999年
    Visiting Associate in California Institute of Technology USA
  • 1994年4月 - 1995年1月
    日本学術振興会特別研究員
  • 1994年 - 1995年
    Japan Souety of Promotion of Science

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料, 高分子化学
  • ライフサイエンス, 生物有機化学
  • ナノテク・材料, 構造有機化学、物理有機化学

研究キーワード

有機工業化学, 高分子構造・物性(含繊維), 高分子合成, Industrial Organic Chemistry, Polymer Structure and Property (including Fiber), Polymer Synthesis

論文

  1. Synthesis of imidazolium-based poly(ionic liquid)s and their application to ion-exchange materials
    Kozo Matsumoto; Takuya Yano; Shota Date; Yuka Odahara; Shingo Narimura
    Polymer Bulletin  2020年9月25日  [査読有り]
  2. “ポリベンゾイミダゾールを利用した水酸化物イオン伝導性材料の開発”,
    舟橋 恵美; 松本 幸三
    かやのもり:近畿大学産業理工学部研究報告  31  1-6  2020年9月  [査読有り]
  3. Synthesis and Properties of Polycarbosilanes Having Lactose-Derived Structures
    K. Matsumoto; T. Miyano; Y. Kotake
    J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem.  57  (24)  2420-2425  2019年12月  [査読有り] [招待有り]

MORE

書籍等出版物

  1. クリックケミストリー -基礎から実用まで- , 遠藤 剛; 松本 幸三; 宮田 高治 , 第13章 5員環ジチオカーボナート-アミンClick反応 , 第13章 5員環ジチオカーボナート-アミンClick反応 , シーエムシー出版 , 2014年8月
  2. 二酸化炭素の直接利用 最新技術 第3章, 第3節, 二酸化炭素とエポキシドから得られる五員環カーボナートを利用するポリウレタン類の合成 , 落合 文吾; 松本 幸三; 遠藤 剛 , NTS , 2013年4月
  3. 有機合成のための触媒反応103 , 松本 幸三 , 第99節 開環メタセシス重合 , 第99節 開環メタセシス重合 , 東京化学同人 , 2004年3月

MORE

講演・口頭発表等

  1. ドーパミン修飾カルボキシメチルセルロースの合成と接着性能の検討 , 糸野 優弥; 松本 幸三 , 第69回高分子討論会 , 2020年9月18日
  2. チラミンおよび乳酸を原料とした新しいバイオベースエポキシ樹脂の合成と硬化反応 , 早田 隆晴; 伊藤 悠太; 松本 幸三 , 第69回高分子討論会 , 2020年9月16日
  3. ドーパミン修飾カルボキシメチルセルロースの水溶液pH と接着強度の検討 , 糸野 優弥; 松本 幸三 , 第69回高分子年次大会 , 2020年5月28日

MORE

MISC

  1. Polymerization of silacyclobutane having an epoxy functional group and its application to networked polymer system , Kozo Matsumoto; Takeshi Endo , ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY , 248 , 2014年8月
  2. Non-surface active ionic amphiphilic block copolymers: Special characteristics and micellization , Hideki Matsuoka; Ploysai Kaewsaiha; Shigehiro Matsubara; Priti Sundar Mohanty; Kozo Matsumoto , ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY , 231 , 2006年3月
  3. Nanostructure of amphiphilic diblock copolymer monolayer at air/water interface by X-ray and neutron reflectometry. , H Matsuoka; E Mouri; K Matsumoto , ABSTRACTS OF PAPERS OF THE AMERICAN CHEMICAL SOCIETY , 225 , U617 , U617 , 2003年3月

MORE

産業財産権

  1. 重合開始剤及び該重合開始剤を含有する硬化性組成物 , 渡辺 智志, 遠藤 剛, 松本 幸三
  2. Epoxy resin composition containing phosphorus-containing flame retardant, a prepreg, and an epoxy resin laminated plate , T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, C. Asakura, R. Ogawa
  3. Epoxy resin composition containing phosphorus-containing flame retardant, a prepreg, and an epoxy resin laminated plate , T. Endo, K. Matsumoto, K. Tamaso, C. Asakura, R. Ogawa

MORE

受賞

  1. 2015年, 合成樹脂工業協会, 学術賞
  2. 2011年, 合成樹脂工業協会, 学術奨励賞
  3. 2008年, ネットワークポリマー講演討論会ベストプレゼンテーション賞

MORE

共同研究・競争的資金等の研究課題

  1. 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 5員環環状カーボナート構造を持つ高イオン伝導性高分子の開発
  2. 日本学術振興会, 科学研究費補助金(基盤研究C), 側鎖回転運動を利用した高イオン伝導性高分子固体電解質の創製
  3. 飯塚市, 飯塚市大学支援補助金, 新規生体適合性接着材料の開発

MORE