卒業生インタビュー

卒業生からのメッセージ

日本航空株式会社

学生時代につかんだ人や情報と接する力を生かし日々、
サービス精神を磨いています。

喜田 瑛梨奈さん

喜田 瑛梨奈 さん

2018年3月 国際経済学科卒業
奈良市立一条高校出身

学生時代に経験したアルバイトで接客業に魅力を感じ、限られた時間の中でお客さまに最高のサービスを提供する客室乗務員をめざしました。「西洋経済史」のゼミでは、自分たちが興味のある国の経済や文化を調べ、社会のシステムを研究し、その特色を見出す力を身につけることができました。英語と中国語の学習には力を入れ、TOEICテストが必須だったこともあり、語学力を磨くことができました。就職活動ではインターンシップや説明会に積極的に参加し、情報収集に努めました。現在は国内線を乗務しています。フライト中、お客さまに安全と安心をお届けし、快適にお過ごしいただくことが私たち客室乗務員の役割です。コミュニケーション力、臨機応変な対応力、そして常に笑顔で接することが求められます。決して簡単ではありませんが、それ以上にやりがいを感じられる仕事です。まだまだ先輩方から学ぶことばかりですが、お客さまの立場に立って考え心に寄り添い、感動していただけるサービスができるよう成長していきたいと思います。

三菱食品株式会社

多彩な個性が集う環境で、さまざまな価値観に触れ、
視野を広げたことが今に生きています。

山本 和輝さん

山本 和輝 さん

2018年3月 国際経済学科卒業
兵庫県・育英高校出身

面接で人事の方に良くしていただき、学生を大切にする企業の姿勢に心を打たれて入社しました。メーカーから仕入れた酒類などを、コンビニエンスストアへ営業展開する仕事に携わっています。商品を決めたりする業務を、先輩に学んでいるところです。最近、商品を探して商談し、店舗に届ける流れを任せられることもあり、自分が選んだ商品に決まると達成感があります。コンビニエンスストアは全国展開されているので、1つの商品が決まると数が多くなることもありうれしいです。所属していた「計量経済学」のゼミでは、日本経済のデータ分析や行動経済学について学び、国際経済についてより深く理解することができました。近畿大学は総合大学なので、さまざまな価値観や考え方を持った学生と出会える場が多く、外国人が集まるコミュニティもあり、視野を広げることができました。海外で暮らすと自分の枠が広がると思い、海外勤務もある商社で働きたいと考えました。今は周囲に経験を積んだ社員の方々がたくさんおられるので、将来のキャリアアップのために多くのことを吸収して、大きな仕事を任せてもらえるようになりたいです。

株式会社広島銀行

次なる夢の実現に向けて積極的な意思表示と行動の継続に努めています。

城 悠乃さん

城 悠乃さん

2018年3月 経済学科卒業
福岡県立小倉南高校出身

高校生の時、銀行が会社の成長に貢献し、会社の未来を一緒に作ることができることを知り、金融面から様々な企業をサポートしたいと思い、銀行員を志しました。そして、確かな目利き力を持つ銀行員となるため、経済学部に入学しました。学生時代は、将来に少しでも役立つよう、インターンシップや留学、スピーチコンテストなどのチャンスがあれば自ら手を挙げて積極的に参加してきました。これらを実現できたのは、先生方や事務の方々の支援、友人や親からの精神面のサポートがあったからです。特に、「日本の金融システム」のゼミでは、金融論の専門書を班ごとで学習し、発表。他班や先生から評価やフィードバックを受け取るもので、とても楽しく、やりがいがありました。ゼミで日本銀行に見学に行き、「お金の一生」を知れたことも収穫でした。周囲の人たちの応援のおかげで、銀行員になるという一つの夢をかなえ、社会に出ることができました。社会人という新しい世界でも、次なる目標の達成に向けて積極的な意思表示と、行動の継続に努めています。

卒業生インタビュー

兵庫県庁

卒業論文で取り組んだ地方自治体のリアルな活動状況や地域貢献へのマインドが今の仕事に活きています。

宮田 真志さん

宮田 真志さん

2018年3月 経済学科卒業
兵庫県立高砂南高校出身

兵庫県庁で小・中学生を対象とした「しごとツーリズムバス」事業などを担当しています。
職業体験を通じて、進路を考えるきっかけを提供する取り組みです。小中学生にアンケートを実施し、仕事に対して興味を持ったと回答された方が多いとうれしいです。「日本の金融システム」のゼミでは、地方自治体と関わりを持つ先生から情報を共有させて頂いたことが、今の仕事に役立っています。公務員をめざす学生たちが作るコミュニティに入ったことや、キャリアセンターで何度も面接指導をしてもらったことが就活の支えになりました。取り組んでいる仕事を通じて、人を育てられるような人間になりたいです。

国土交通省 中部運輸局

公務員の多様な職務に対応し、スキルアップできる講座が充実。

鍋田 寛さん

鍋田 寛さん

2018年3月経済学科卒業
静岡県立清水東高校出身

学生時代から公共交通に興味があり、その所轄官庁の中部運輸局に就職できうれしく思います。現在の仕事は、バス事業者からの申請等の処理や今後の事業計画の相談などへの対応です。また、上司が各自治体の交通計画に助言しているのを見て、私も将来同じ仕事を任せてもらえるように経験を積んでいきたいと思っています。「実験経済学」のゼミでは、アンケート調査からデータを分析し、消費者の購買行動を検証していました。また、在学中にIT関連の講義を受講し、MOS資格を取得しました。現在実務で使用しているExcelの処理では、そのスキルを発揮でき大変役に立っていると感じます。