教員紹介

武田 徹
  • 武田 徹
  • 准教授
所属 農学部 生物機能科学科
農学研究科
学位 博士(農学)
専門 植物栄養学
コメント 植物の微量金属元素の代謝と機能解明に取り組んでいます。特に、抗癌活性や解毒作用を有する微量金属元素(セレンなど)を含む物質についてです。新規植物サプリメントの創成を目指しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0181514

学歴/経歴

学歴

  • - 1991年
    近畿大学 農学研究科
  • - 1989年
    近畿大学 農学部

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 植物栄養学、土壌学

研究キーワード

グルタチオン, テルル, セレン, 活性酸素種, 環境修復, 微量元素, レアアース

論文

  1. Selenium is involved in the detoxification of methylglyoxal in Arabidopsis seedlings. , 武田 徹 , Biomedical Research on Trace Elements , 27 , 1 , 125-131 , 2016年6月 , 査読有り
  2. Antioxidant responses of selenium- enriched broccoli sprout (Brassica oleracea) to paraquat exposure. , 武田 徹, 近藤 健, 上田和典, 飯田 彰 , Biomedical Research on Trace Elements , 27 , 1 , 8-14 , 2016年4月 , 査読有り
  3. Post-translational activation of non-selenium glutathione peroxidase of Chlamydomonas reinhardtii by specific incorporation of selenium. , 武田 徹 , Biochemistry and Biophysics Reports , 4 , 39-43 , 2015年9月 , 査読有り
MORE

講演・口頭発表等

  1. 毒性元素セレン・テルルが植物の抗酸化力に及ぼす影響 , 高貝俊生, 山本佳乃子, 塚田 良, 武田 徹 , 2019年度日本土壌肥料学会関西支部会 , 2019年12月5日
  2. 植物におけるテルル酸取り込みと還元系の解明 , 武田 徹, 渡部翔太 , 日本毒性学会メタルバイオサイエンス研究会 , 2019年11月17日
  3. 植物由来タンパク質の翻訳後セレン取り込み機構とその生理的意義の解明 , 高貝俊生, 辻 航平, 武田 徹 , 2019年11月16日
MORE

MISC

  1. Beneficial effects of selenium as a micronutrient in Arabidopsis seedlings , 武田 徹 , Selenium 2010 , P095 , 2010年6月
    概要:セレン非蓄積植物であるシロイヌナズナを微量のセレン(1 ?Mセレン酸ナトリウム)を含む培地で生育させると、播種後17日目までの実生の段階で、生育の有意な促進効果が認められた。この植物における解糖系酵素のNAD依存グリセルアルデヒド-3-リン酸デヒドロゲナーゼ(NAD-GAPDH)の活性、ATP生成、および呼吸活性が有意に増加していた。セレン存在下で生育させた植物体より精製したNAD-GAPDHを質量分析したところ、活性中心に相当する155番目のシステイン残基にセレンが結合していることが明らかになった。
  2. Values of water-soluble vitamins in blood and urine of Japanese young men and women consuming a semi-purified diet based on the Japanese dietary reference intakes. , 武田 徹, 重岡 成, 村上 恵, School of Human Cultures, The University of, Shiga Prefecture, School of Human Cultures, The University of, Shiga Prefecture, School of Human Cultures, The University of, Shiga Prefecture, School of Human Cultures, The University of, Shiga Prefecture, School of Humanities, for Environmental Policy, Technology, University of Hyogo, Byotai Seiri Laboratory, Division of, Human Nutrition, The Incorporated Administrative Agency of Health, Nutrition, Graduate School of Life Science, Showa Women's University, Takeda Research, Institute of Life Science, Preventive Medicine, Institute of, Applied Biochemistry, Institute of, Applied Biochemistry, Department of Health Science, Kochi Women's University, Department of Health Science, Kochi Women's University, Department of Laboratory Medicine, Ohashi Hospital, Toho University School of Medicine, Department of Laboratory Medicine, Ohashi Hospital, Toho University School of Medicine , J. Nutri. Sci. Vitaminol. , 51 , 319 , 328 , 2005年5月
    概要:成人女子と男子の水溶性ビタミンの所要量について、1週間の制限食および一定生活条件下で、血液中および尿中の各種水溶性ビタミンを測定することにより考察した。
  3. 環境ストレス(低温、光・酸素毒)耐性植物の分子育種 ~ 関連遺伝子の探索と活用 ~ , 重岡 成, 吉村和也, 小川貴央, 田茂井 政宏, 武田 徹 , 2002年9月
    概要:低温、乾燥などの種々のストレスに由来する光・酸素毒に対する耐性すなわち極限的な環境下でも生存できる耐性植物の開発を目指して、アクティベーションタギング法によるストレス耐性に関与する遺伝子の探索、グルタチオンペルオキシダーゼ(GPX)様タンパク質の導入、現有および新規の耐乾燥/酸素毒に関与する遺伝子群による多重遺伝子導入の現状を報告した。
MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費 基盤研究(C), 環境浄化をめざした植物におけるセレン・テルルの代謝および集積機構の解明
  2. 藻類における活性酸素代謝
MORE