教員紹介

森島 真幸
  • 森島 真幸
  • 講師
所属 農学部 食品栄養学科
学位 博士(栄養学)
専門 栄養学
コメント 心臓の正常な機能を維持するための食事パターンを探索するために、日々の食生活が心臓のミトコンドリア機能や心機能に及ぼす影響についての研究に取り組んでいます。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/mmoris

学歴/経歴

学歴

  • 2003年4月 - 2006年3月
    徳島大学大学院 栄養学研究科
  • 2001年4月 - 2003年3月
    徳島大学大学院 栄養学研究科

経歴

  • 2016年4月 - 2019年3月
    徳島大学病院 糖尿病対策センター 特任講師
  • 2017年9月 - 2018年9月
    米国・Drexel大学 Dept. Pharmacology and Physiology 客員研究員
  • 2007年4月 - 2016年3月
    大分大学医学部 病態生理学講座(旧循環病態制御講座) 助教
  • 2006年10月 - 2007年4月
    大分大学医学部 循環病態制御講座 研究支援者
  • 2006年4月 - 2006年9月
    大分大学医学部 循環病態制御講座(現病態生理学講座) 技術補佐員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 医療管理学、医療系社会学
  • ライフサイエンス, 栄養学、健康科学
  • ライフサイエンス, 医療薬学
  • ライフサイエンス, 生理学

研究キーワード

運動習慣, 循環器学, 病態生理学, 応用栄養学, 公衆栄養学

論文

  1. Development of in vitro NASH model with mechanically compliant substrate , Morishima M, Horikawa K, Funaki M , Diabetes , proceeding , 2018年 , 査読有り
  2. Cardiomyocytes cultured on mechanically compliant substrates, but not on conventional culture devices, exhibit prominent mitochondrial dysfunction due to reactive oxygen species and insulin resistance under high glucose , Morishima M, Horikawa K, Funaki M , PLOS ONE , 13 , 8 , e0201891 , 2018年 , 査読有り
  3. Testosterone-mediated upregulation of delayed rectifier potassium channel in cardiomyocytes causes abbreviation of QT intervals in rats. , Masuda K, Takanari H, Morishima M, Ma F, Wang Y, Takahashi N, Ono K , J Physiol Sci , 68 , 6 , 759-767 , 2018年 , 査読有り
MORE

MISC

  1. 抗血小板薬シロスタゾールの心拍数と心臓自律神経に及ぼす影響(第2報) (第5回PDE3阻害薬研究会) , 森島 真幸, 小野 克重 , 臨牀と研究 , 85 , 9 , 1345 , 1351 , 2008年9月 , http://ci.nii.ac.jp/naid/40016246761
  2. 167) Bepridilの長期作用により心筋Na^+チャネル電流は増大する(第103回日本循環器学会九州地方会) , 康 林, 鄭 明奇, 王 岩, 森島 真幸, 李 泰成, 小野 克重 , Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society , 72 , 0 , 2008年4月20日 , http://ci.nii.ac.jp/naid/110006914587
  3. SPORTSラットの自発運動においてL型カルシウムチャネルは重要な調節因子である , 森島 真幸, 王 岩, 秋吉 裕子, 中屋 豊, 小野 克重 , 日本生理学会大会発表要旨集 , 2008 , 0 , 176 , 176 , 2008年 , http://ci.nii.ac.jp/naid/130005449830
    概要:Heart rate is well known to be dependent on physical activity. However, its underlying signaling pathway of cardiac adaptation in response to voluntary exercise remains unclear. In this study, we investigated the role of the L-type Ca<SUP>2+</SUP> channel in the heart of SPORTS rats, a novel hyper-running rat strain. Heart rate was significantly higher in SPORTS rats than those in control rats at sedentary condition by using the telemetric ECG recording technique. Cardiac hypertrophy was also observed in SPORTS rats. On the other hands, patch clamp studies revealed that L-type Ca<SUP>2+</SUP> current was significantly larger in isolated neonatal SPORTS rat ventricular cardiomyocytes than in control myocytes. We confirmed the expression of L-type Ca<SUP>2+</SUP> channel isoforms (Ca<SUB>v</SUB>1.2, Ca<SUB>v</SUB>1.3) mRNA in adult rat atrial and neonatal myocytes were significantly larger in SPORTS rat than those in control rat by 2.3-10 folds by quantitative real-time PCR. These results suggest that the L-type Ca<SUP>2+</SUP> channel is a key modulator in congenital and exercise-adapted cardiac function in SPORTS rat featured by hyper-running activity. <b>[J Physiol Sci. 2008;58 Suppl:S176]</b>
MORE

受賞

  1. 2014年7月, 日本不整脈心電学会, 第29回日本不整脈学会学術大会・第31回日本心電学会学術集会合同学術大会 Young Investigator's Award,
  2. 2013年8月, 日本病態生理学会, 第23回日本病態生理学会大会 特別表彰,
  3. 2013年7月, 第12回九州脳・高血圧・循環制御研究会, 最優秀演題賞,
MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 平成27年度科学研究費助成事業 国際共同研究加速基金, microRNA過剰発現ラットの作製とそれを用いた新しい不整脈発症機序の解明
  2. 日本学術振興会, 平成27年度科学研究費補助金 基盤研究(C), microRNA過剰発現ラットの作製とそれを用いた新しい不整脈発症機序の解明
  3. 日本学術振興会, 平成24年度科学研究費補助金 若手研究(B), 運動習慣と心肥大の形成に関与する脳内因子の解明
MORE