教員紹介

松嵜 健一郎
  • 松嵜 健一郎
  • 助教
所属 農学部 生物機能科学科
学位 博士(理学)
専門 分子生物学
コメント 哺乳類におけるDNA損傷の修復、組換えについて分子生物学・遺伝学的手法を用いて解析を行っています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/Kenichiro_Matsuzaki

学歴/経歴

学歴

  • 2007年4月 - 2010年9月
    大阪大学 理学研究科
  • 2005年4月 - 2007年3月
    大阪大学 理学研究科
  • 2001年4月 - 2005年3月
    東京都立大学 理学部

経歴

  • 2019年4月 - 現在
    近畿大学 農学部 生物機能科学科 助教
  • 2015年10月 - 2019年3月
    大阪大学 蛋白質研究所 助教
  • 2011年4月 - 2015年9月
    Cancer Research UK London Research Institute Research Fellow
  • 2010年10月 - 2011年3月
    日本学術振興会 特別研究員 PD
  • 2009年4月 - 2010年9月
    日本学術振興会 特別研究員 DC

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 遺伝学
  • ライフサイエンス, 分子生物学

研究キーワード

分子生物学

論文

  1. Human RAD51 paralogue SWSAP1 fosters RAD51 filament by regulating the anti-recombinase FIGNL1 AAA+ ATPase. , Matsuzaki K, Kondo S, Ishikawa T, Shinohara A , Nature communications , 10 , 1 , 1407 , 2019年3月 , 査読有り
  2. FANCJ suppresses microsatellite instability and lymphomagenesis independent of the Fanconi anemia pathway. , Matsuzaki K, Borel V, Adelman CA, Schindler D, Boulton SJ , Genes & development , 29 , 24 , 2532-2546 , 2015年12月 , 査読有り
  3. HELQ promotes RAD51 paralogue-dependent repair to avert germ cell loss and tumorigenesis. , Adelman CA, Lolo RL, Birkbak NJ, Murina O, Matsuzaki K, Horejsi Z, Parmar K, Borel V, Skehel JM, Stamp G, D'Andrea A, Sartori AA, Swanton C, Boulton SJ , Nature , 502 , 7471 , 381-384 , 2013年10月 , 査読有り
MORE

MISC

  1. DNA二重鎖切断の認識・修復の分子機構 最前線と今後の課題 非相同末端結合における酵母Xrs2の機能と細胞周期による制御 , 松嵜 健一郎, 篠原 彰, 篠原 美紀 , 日本放射線影響学会大会講演要旨集 , 51回 , 64 , 64 , 2008年11月
MORE

競争的資金

  1. 科学研究費補助金, 若手B, 体の大部分を占める静止期細胞におけるアルコール代謝によるDNA損傷と修復の解析
  2. 蛋白質研究奨励会, 金子・成田研究奨励金, Anti-recombinaseによる相同組換えの抑制メカニズムの解析
  3. 上原記念生命科学財団, 研究奨励金, 組換えによる染色体不安定化の人工的誘導と癌化の解明
MORE