教員紹介

小枝 壮太
  • 小枝 壮太
  • 准教授
所属 農学部 農業生産科学科
農学研究科
学位 博士(農学)
専門 野菜園芸学
コメント ナス科(トウガラシ・ピーマン、トマト、ナス)やウリ科(キュウリ、メロン)野菜の、ウイルス抵抗性や果実品質に関して遺伝子レベルで調べ,品種改良に繋がるような研究を進めています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/skoeda

学歴/経歴

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 農学部 准教授
  • 2015年4月 - 2018年3月
    近畿大学 農学部 講師
  • 2011年12月 - 2015年3月
    京都大学 農学研究科 助教

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学, 園芸科学
  • 環境・農学, 植物保護科学
  • 環境・農学, 遺伝育種科学

研究キーワード

メロン, キュウリ, 香り, フレーバー, 遺伝子組換え, 黄化葉巻病, ウイルス抵抗性, 育種, 品種改良, 園芸学, 病害抵抗性, ピーマン, 野菜, 熱帯, インドネシア, ウリ科, ジェミニウイルス, カプサイシノイド, ベゴモウイルス, トマト

論文

  1. Multiple non-pungent Capsicum chinense accessions with loss of function CaKR1 allele originating from South America , Sota Koeda, Ryutaro Nakano, Takaya Sawaki, Kosuke Sato, Yoshiyuki Tanaka, Shinya Kanzaki , The Horticulture Journal , 2020年 , 査読有り
  2. A Simple DNA Extraction Method for Begomovirus Detection and Genotyping of Host Plant , Sota Koeda, Ikuya Fujiwara , Tropical Agriculture and Development , 63 , 34-37 , 2019年 , 査読有り
  3. Isolation of UDP:flavonoid 3-O-glycosyltransferase (UFGT)-like genes and expression analysis of genes associated with anthocyanin accumulation in mango ‘Irwin’ skin , Shinya Kanzaki, Shiori Kamikawa, Asuka Ichihi, Yuta Tanaka, Kosuke Shimizu, Sota Koeda, Naoki Utsunomiya , The Horticulture Journal , 88 , 435-443 , 2019年 , 査読有り
MORE

講演・口頭発表等

  1. ベゴモウイルスToLCNDVに対して抵抗性を示すキュウリ育種素材 , 山本浩登, 藤代康平, 白銀隼人, 神崎真哉, 小枝壮太 , 園芸学研究 19(別1):137. , 2020年3月
  2. ベゴモウイルスPepYLCIVに対して抵抗性を示すCapsicum chinense育種素 , 森 菜美子, 鬼﨑大樹, Kesumawati Elly, Zakaria Sabaruddin, 白銀隼人, 神崎真哉, 小枝壮太 , 園芸学研究 19(別1):156. , 2020年3月
  3. 非辛味性トウガラシ(Capsicum chinense) No.3327,No.4026およびNo.4028におけるCaKR1の変異 , 中野龍太郎, 佐脇鷹野, 佐藤恒亮, 田中義行, 神崎真哉, 小枝壮太 , 園芸学研究 19(別1):160. , 2020年3月
MORE

受賞

  1. 2020年3月, 園芸学会, 奨励賞, ナス科野菜におけるジェミニルウイルスの感染実態と抵抗性評価法の開発に関する研究
  2. 2016年3月, 園芸学会, 平成28年 The Horticulture Journal 年間優秀論文賞, Production of Tomato yellow leaf curl virus-free Parthenocarpic Tomato Plants by Leaf Primordia-free Shoot Apical Meristem Culture combined with in vitro Grafting
  3. 2015年3月, 園芸学会, JJSHS年間優秀論文賞, Analysis of Non-pungency, Aroma, and Origin of a Capsicum chinense Cultivar from a Caribbean Island.
MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 基盤研究(B), トウガラシにおけるジェミニウイルス耐病性機構の解明および品種改良への応用
  2. 日本学術振興会, 基盤研究(B), アジア・オセアニアにおけるトウガラシ属植物の遺伝資源・文化資源の体系化
  3. タキイ種苗株式会社: 共同研究
MORE