教員紹介

香取 郁夫
  • 香取 郁夫
  • 准教授
所属 農学部 農業生産科学科
農学研究科
学位 博士(農学)
専門 昆虫生態学、送粉生態学
コメント 在来の訪花昆虫を農作物の送粉(花粉媒介)に利用して農作物の生産をアップさせたり、送粉昆虫の訪花学習など行動生態学的研究、また送粉昆虫の生態系における役割の解明などを行っています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/read0194026

学歴/経歴

学歴

  • 1993年4月 - 1998年5月
    京都大学大学院 農学研究科
  • - 1998年
    京都大学
  • 1991年4月 - 1993年3月
    京都大学大学院 農学研究科
  • 1987年4月 - 1991年3月
    京都大学 農学部
  • - 1991年
    京都大学

経歴

  • 2011年4月 - 現在
    近畿大学 農学部 准教授
  • 2002年4月 - 2011年3月
    近畿大学 農学部 講師
  • 1999年4月 - 2002年3月
    近畿大学 農学部 助手

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 生態学、環境学
  • 環境・農学, 昆虫科学

研究キーワード

混群落, 送粉者, タンポポ競争, 訪花頻度, 嗅覚学習, 訪花学習, セイヨウミツバチ, 報酬学習, 2モード情報, 花香, 学習速度, モンシロチョウ, 移動パターン, 人工花, 純群落, メチルプテノン, カンサイタンポポ, フェニルアセトアルデヒド, 報酬トレーニング, 弁別学習

論文

  1. Long frontal projections help Battus philenor (Lepidoptera: Papilionidae) larvae find host plants , Ikuo Kandori, Kazuko Tsuchihara, Taichi A. Suzuki, Tomoyuki Yokoi, Daniel R. Papaj , PLoS One , 10 , 7 , e0131596-e0131596 , 2015年7月 , 査読有り
  2. 送粉昆虫マイマイツツハナバチの営巣習性 , 香取 郁夫, 田丸 真弓, 横井 智之 , 日本応用動物昆虫学会誌 , 54 , 2 , 77-84 , 2010年 , 査読有り
  3. 近畿大学農学部キャンパスにおける訪花昆虫群集の多様性 , 横井 智之, 波部 彰布, 香取 郁夫, 櫻谷 保之 , 近畿大学農学部紀要 , 41 , 77-94 , 2008年3月
MORE

書籍等出版物

  1. チョウの訪花と学習 : チョウはどこまで賢いのか , 『蝶の自然史』北海道大学図書刊行会 , 2000年
MORE

講演・口頭発表等

  1. ゴマダラチョウ幼虫は2本の頭部突起を天敵アシナガバチから身を守る盾として使う , 香取郁夫, 平松衛, 惣田実菜子, 中島伸也, 舩見瞬 , 日本昆虫学会第79回大会 , 2019年9月14日
  2. モンシロチョウは訪花学習のとき色と匂いのどちらを優先するか , 香取 郁夫, 平松 龍佑, 清水 政宏, 吉井 渉, 清元 優二 , 第63回日本応用動物昆虫学会 , 2019年3月25日
  3. モンシロチョウの訪花学習における色と匂いの優先順位 , 香取郁夫, 吉井渉, 清元優二 , 日本昆虫学会第78回大会 , 2018年9月8日
MORE

MISC

  1. チョウの訪花学習性 , 香取 郁夫 , グリーンエイジ , 535 , 12 , 15 , 2018年7月
  2. チョウの訪花学習性 -モンシロチョウを中心として- , 香取 郁夫 , 昆虫と自然 , 51 , 12 , 15 , 18 , 2016年12月
  3. カタツムリの空き殻活用:マイマイツツハナバチ イチゴ栽培お助け , 香取 郁夫 , 日本農業新聞 , 2016年3月
MORE

競争的資金

  1. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), チョウ目幼虫のもつ突出した頭部突起が果たす役割の解明
  2. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), 植物の花の多モード情報発信が訪花昆虫の学習を促進するメカニズムの解明
  3. 文部科学省, 科学研究費補助金(基盤研究(C)), チョウ類における多モード学習メカニズムの解明
MORE