教員紹介

伊原 誠
  • 伊原 誠
  • 准教授
所属 農学部 応用生命化学科
農学研究科
学位 博士(農学)
専門 農薬化学
コメント イオンチャネルを標的とする農薬の作用機構を研究しています。特に、ネオニコチノイド剤の昆虫選択的毒性発現の分子機構を、構造生理学的観点から重点的に解析しています。
リサーチマップリンク https://researchmap.jp/makoto.ihara

学歴/経歴

学歴

  • - 2005年
    近畿大学 農学研究科
  • - 2002年
    近畿大学 農学研究科
  • - 2000年
    近畿大学 農学部

経歴

  • 2018年4月 - 現在
    近畿大学 農学部 准教授
  • 2013年4月 - 2018年3月
    近畿大学 農学部 応用生命化学科 講師
  • 2012年12月 - 2018年3月
    独立行政法人理化学研究所 放射光科学総合研究センター 客員研究員
  • 2012年12月 - 2013年3月
    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科(薬学系) 助教
  • 2006年10月 - 2012年11月
    独立行政法人 理化学研究所 播磨研究所放射光科学総合研究センター 研究員
  • 2005年4月 - 2006年9月
    近畿大学 研究員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス, 生物有機化学
  • ライフサイエンス, 機能生物化学
  • ライフサイエンス, 構造生物化学
  • ナノテク・材料, 生物分子化学
  • 情報通信, 生命、健康、医療情報学

研究キーワード

構造生理学, 生物有機化学, 農薬科学

論文

  1. Neonicotinoids: molecular mechanisms of action, insights into resistance and impact on pollinators , Makoto Ihara, Kazuhiko Matsuda , Current Opinion in Insect Science , 30 , 86-92 , 2018年12月
  2. Action of six pyrethrins purified from the botanical insecticide pyrethrum on cockroach sodium channels expressed in Xenopus oocytes. , Chen M, Du Y, Zhu G, Takamatsu G, Ihara M, Matsuda K, Zhorov BS, Dong K , Pesticide biochemistry and physiology , 151 , 82-89 , 2018年10月 , 査読有り
  3. Combined effects of mutations in loop C and the loop D-E-G triangle on neonicotinoid interactions with Drosophila Dα1/chicken β2 hybrid nAChRs , Mai Hikida, Shota Shimada, Ryo Kurata, Sho Shigetou, Makoto Ihara, David B. Sattelle, Kazuhiko Matsuda , Pesticide Biochemistry and Physiology , 151 , 47-52 , 2018年10月 , 査読有り
MORE

MISC

  1. ピレスリン生合成に関わる TcGLIP の機能および構造の解明(3)−阻害活性と阻害の様式− , 竹内孝幸, 明石拓也, 宇都宮麻衣, 伊原 誠, 平竹 潤, 松田一彦 , 日本農芸化学会2015年度大会 , 2015年3月
  2. ピレスリン生合成に関わる TcGLIP の機能および構造の解明(2)−ホスホン酸型反応機構依存的阻害剤の設計と合成− , 明石拓也, 竹内孝幸, 宇都宮麻衣, 伊原 誠, 松田一彦, 平竹 潤 , 日本農芸化学会2015年度大会 , 2015年3月
  3. TRPチャネルがさまざまな刺激に応答できる仕組み , 伊原誠, 山下敦子 , 化学と生物 , 52 , 1 , 48 , 53 , 2014年1月1日 , http://jglobal.jst.go.jp/detail.php?from=API&JGLOBAL_ID=201402235189697790
MORE

受賞

  1. 2018年3月, 日本農芸化学会, 農芸化学奨励賞,
  2. 2008年, 日本農学進歩賞,
  3. 2007年, 望月喜多司記念賞 奨励賞,
MORE

競争的資金

  1. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B), ネオニコチノイドの毒性発現を制御するニコチン性アセチルコリン受容体の構造因子探索
  2. 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B), GDSLリパーゼによるピレスリン生合成の分子機構解明と昆虫抵抗性植物作出への応用
MORE