このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

理学専攻

専攻紹介コンテンツを開く

最先端の研究を通じて創造的発想力とグローバルな視点を持つ人材を養成

理学専攻は、数理解析、物理学、機能性分子化学、生物・環境化学の4つの研究分野から構成されています。それぞれの分野の研究を通じて創造的発想力とグローバルな視点を持ち、人間に優しい環境づくりに貢献できるエンジニア、研究者、未来の人材を育てる教育者を養成します。中学校または高等学校の教員一種免許状を取得した場合、所定の単位を修得することで専修免許状を取得できます。

数理解析分野

数学はあらゆる科学の基礎となる学問です。数理解析分野における研究分野は、代数学・幾何学・解析学といった純粋数学のみならず、グラフ理論や暗号理論といった応用まで数学の多彩な領域を網羅しています。数理解析分野では、数学の最前線を追求し、幅広い視野と高度な問題解決能力を有する研究者、教員、数理エンジニアを養成します。

物理学分野

物理学分野では宇宙、素粒子、物性、量子情報、ソフトマター、生物物理といった多岐にわたる研究に取り組んでいます。また、物理学はすべての自然科学の分野で重要な役割を果たし、工学の基礎となる学問分野です。論理的かつ柔軟な思考力で困難な問題を解決できる創造性豊かな人材を育成します。

機能性分子化学分野

機能性分子化学分野では、有機化学、無機化学、生物化学、物理化学、高分子化学および、これらの複合領域の研究を行い、新しい機能性分子の設計、開発を行っています。機能性分子は人類の生活に不可欠なものであり、これらの研究開発能力を持つ人材を養成します。

生物・環境化学分野

生物・環境化学分野では、ヒトを中心とした生命現象と環境影響を生化学、生理学、遺伝学、分子生物学、生命工学、環境科学などの分野から研究に取り組んでいます。高度に工業化・情報化された現代社会にフィットする専門知識を備え、人間に優しい環境づくりに貢献できる人材を養成します。加えて、本分野には遺伝カウンセラー養成課程が設けられています。この課程は日本認定遺伝カウンセラー制度委員会に機関認定されているもので、修了生には当委員会が実施する認定試験の受験資格が与えられます。

※遺伝カウンセラー養成課程についてはこちら

アドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシーコンテンツを開く

アドミッションポリシー(入学者受入れ方針)

理学は自然を解明することを目標としています。このために、本専攻では、数理解析、物理学、機能性分子化学、生物・環境化学の各分野に分かれ、先端的な研究活動を行っています。またこれらにまたがる複合的な研究もおこなわれています。これらの研究に携わる研究者による積極的かつ周到な教育・指導により、先端的な科学研究者、高等教育者、技術者を育成することを目指しています。このために本専攻が受け入れを望むのは、以下のような学生です。

  1. 未知のことに興味を持ち、筋道を立てて解明する意欲を持つ人。
  2. 自然科学全般および専門領域における研究のための基礎学力を有する人。
  3. 新たに得た知見を広め役立てる意欲をもち努力する人。

カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

理学では、これまでに蓄積されたものを学び、現在の種々の問題を見つけだし、取組み、新しい知見に至るための能力を身につけなければなりません。また社会的な責任感を養う必要があります。このために次のようなカリキュラムを実施しています。

<博士前期課程>

各科目特論の履修によって専門分野の必要知識を習得します。各科目特別研究では、教員の指導の下にそれぞれの科目の研究を進めます。共通科目の履修によって、文献を理解し、自ら発表するための語学力を磨き、専門科目に関連する分野、あるいは学際的な分野を学ぶことで視野を広めます。又、生物・環境化学遺伝カウンセラー養成課程では、遺伝カウンセラー認定試験受験のための科目を履修することが出来ます。

<博士後期課程>

特殊研究を各人が1つ選びます。そこでは指導教員のもとで、自立して研究できる能力を目指しつつ研究を進めます。このほか、博士前期課程と共通の科目や演習などが開かれています。

ディプロマポリシー(学位授与の方針)

課程を修了し学位を取得するための条件は、研究科の条件に準じます。
修士論文は、指導教員を含む複数の教員によって審査されます。修士論文発表会において、その成果がその分野の研究として価値があるか、独創性があるかを判断され、価値を認められた提出者は修士の学位(理学)が授与されます。
博士論文は、理学専攻内の各専門分野ごとに定められた学位論文審査基準に従って、審査および試験が行われます。自立した研究者と認められ審査に合格した提出者には博士の学位が授与されます。

進路コンテンツを開く

数理解析

平成23年度 公立中学校教員、私立高等学校教員、奈良産業大学教員
平成24年度 私立高等学校教員、キューブシステム、共栄化学
平成25年度 近畿大学(大学院)、九州大学(大学院)

物理学

平成23年度 アルテクナ、丸二スチール製作所、ジェイ・エス・エル、学習塾、シャープビジネスコンピュータソフトウェア、近畿大学(大学院)、大阪市立大学化学研究科博士研究員、Azarbaijan University of Tarbiat Moallem 講師、とめ研究所
平成24年度 テクニカルソフトウェアコンサルタント、ソフトウェア・サービス、総合オリコミ社、デザイン、亨通集団公司、Georgia Institute of Technology 博士研究員

機能性分子化学

平成23年度 テクノロール、ローム、松風、住友金属テクノロジー、西山ステンレスケミカル、東洋技研、社会福祉法人C-ネットふくい、スクールIE(塾講師)、化学系派遣会社、近畿大学(大学院)
平成24年度 エスケー化研、VSN、神戸天然物化学、大和化成研究所、カナモトエンジニアリング、斎藤遠心機工業、ダイシン化工、竹林化学工業、メイラ、ファイブリングス、MTG、タナカ理研、独立行政法人理化学研究所、近畿大学(大学院)、公立中学校非常勤講師
平成25年度 久保孝ペイント、ハイテック、辻本化学工業、スギムラ化学工業、互応化学工業、千代田精機、近畿大学(大学院)、公立中学校教員

生物・環境化学

平成23年度 米田兄弟社、広島和光、国立循環器医療研究センター、IDAクリニック、ファルコSDホールディングス、大阪学院大学教員
平成24年度 ナカライテスク、信州大学医学部附属病院、がん研有明病院、産業医科大学、東京大学(大学院)
平成25年度 愛媛大学医学部附属病院、高知大学医学部付属病院、国立循環器病研究センター病院、四国がんセンター、母子保健総合医療センター、WDB、スタッフサービス、千代田テクノル、コスモビューティー、看護専門学校

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別