このページの本文へ移動します。

KINDAI UNIVERSITY

  • 近畿大学ホーム
  • 学部・大学院一覧

活躍する卒業生・修了生の声

卒業生・修了生はこんなところで活躍しています。
自信と誇りをもって社会を支える。
理学科 数学コース
様々な角度から、学問の面白さや楽しさに触れることができます。

私の学部生時代は、成績・生活態度両面においてとても誇れるものではありません。しかし講義を通じて様々な数学に触れ、数学自体の面白さは実感していました。4年次のゼミでは、指導教員の先生や同級生と議論することの楽しさを知りました。この時に学んだ議論の仕方やプレゼンテーションの仕方など、現在の研究、講義、講演などを行う際の基本として定着しています。何より、数学を含めいくつか好きなことを発見できたことが大きな収穫だったと思います。好きなことには、たとえどんなものであっても全力を注ぐべきだと思っています。

立命館大学理工学部 数学嘱託講師
T.Kさん
数学物理学科 2004年3月卒業
大学院総合理工学研究科博士後期課程 2009年3月修了

理学科 物理学コース
研究者として物理を追究しながら社会に役立てる存在になる。

近畿大学在学中は、中原教授の理論物理学研究室で量子コンピューティングを学んでいました。卒業後、イタリアのラクイラ大学、そしてドイツのユーリッヒ研究所で物理学のエキスパート達とともに研究に没頭し、帰国後は大阪大学大学院で、計算物理という分野で「マテリアルデザイン」と呼ばれる未知の物質を設計するシミュレーション研究を行いながら教鞭をとっています。大学の研究室では、レアアースのマテリアルデザインを依頼されるなど民間企業との交流もあり、専門分野で社会に役立つ研究者であり続けたいと思っています。

大阪大学大学院基礎工学研究科 助教
T.Fさん
理学科物理学コース 2003年3月卒業

理学科 物理学コース
設計した製品が、世の中へ流通する。ものづくりの現場で感じる喜びです。

理学科物理学コースのある近畿大学東大阪キャンパスは、ものづくりが盛んな東大阪の街の近くにあります。私は在学中からものづくりに関わる仕事に就きたいと考え、所属していた研究室の教授に相談して知ったのが株式会社カツロンでした。入社した会社は押出成形、異形押出、プラスチックなどの成形技術をいかした樹脂素材応用製品のメーカーで、新製品の図面作成や試作品の開発などに携わっています。設計・試作から量産化されるまで、すべてを担当した製品が世の中に流通したときが、この仕事で最もやりがいを感じる瞬間です。

株式会社カツロン 技術部 設計・開発チーム
R.Nさん
理学科物理学コース 2012年3月卒業

理学科 化学コース
自ら考え、研究テーマを見つけ出す発想が現在の仕事に大きく役立っています。

まだ世の中には流通していない新しい特殊繊維を使った技術・開発ノウハウを国内外のメーカーに提供する企業に就職し、技術員兼企画営業職として働いています。繊維素材は日進月歩で進化を遂げている分野。例えばシーツやおむつカバーなど、身近な生活用品もその機能性を高めるために常に新しい素材の採用が求められています。現在の仕事では「どのような素材が市場に求められているか」を考え、独自の研究テーマとするマーケティングの指向性も必要です。大学のゼミで独自の研究テーマを自発的に考えるよう教授に指導されていた経験は、とても役立っていると感じます。

ア・プラン株式会社
T.Yさん
理学科化学コース 2010年3月卒業
大学院総合理工学研究科博士前期課程 2012年3月修了

生命科学科
自分の将来につながる出会いや学びが多くある場所。

大学院の遺伝カウンセラー養成課程で学び「認定遺伝カウンセラー」という資格を取得し、現在は遺伝カウンセラーとしておもに精神・神経・筋疾患領域の遺伝医療に携わっています。当事者が抱える悩みはさまざまで、根本的な解決が難しいことも少なくありません。しかし、専門的な知識や技術、経験を活かして支援を必要としている人々の役に立てることに大きなやりがいを感じています。生命科学科で得た幅広い知識が、現在の仕事に役立つこともしばしばあり、さまざまなことを学べる機会があったことにとても感謝しています。また、科学的な思考や表現といった能力を身につけられたことも、現在の基盤になっていると感じます。

独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター病院
遺伝カウンセリング室 認定遺伝カウンセラー
Y.Kさん
生命科学科 2006年3月卒業
大学院総合理工学研究科博士前期課程 2008年3月修了

応用化学科
新たな医療機器を開発することで、 社会に貢献できることが喜びです。

大学・大学院で人工骨補填材を研究していたことから、医療分野に関心をもちました。なかでもテルモは、対象とする診療科が広く、製品のラインナップも多岐にわたります。また、海外への販売を行っている点も魅力でした。現在テルモでは、心筋細胞シートや左心補助人工心臓、薬剤溶出ステントなど、これまでは移植が必要だった病気や、再発率の高い疾患に対して、新たな治療法を提供しています。私自身も、これまでとは異なるアプローチで疾患を治療する医療機器の開発に携わっています。自分の手掛けた商品が医師に評価され、医療の未来を支えているという実感が、何よりのやりがいです。

テルモ株式会社
M.Tさん
応用化学科 2008年3月卒業
大学院総合理工学研究科博士前期課程 2010年3月修了

機械工学科
近畿大学機械工学科は、 「将来に生きる知識」を学べる場所。

自動車のブレーキ開発に携わっています。具体的には、企画されたクルマのキャラクターに合ったブレーキフィール、鳴きやジャダー等の商品性や安全性を実現するために、仕様検討から実車テストまでを行っています。近畿大学では、機械力学や金属材料などの基礎から自動車工学などの仕事に直結した実践的な知識と技術を学ぶことができました。また、研究室ではより自動車開発に近いことを学べ、また、会社でも使用しているようなシミュレーションツールや計測装置があり、会社に入ってからもそれらを使用した経験を役立てることができました。近畿大学は、自動車メーカーに関わらず仕事に直結できることを学べる充実した学習環境があると思います。

株式会社本田技術研究所
四輪R&Dセンター第11技術開発室第1ブロック
Y.Mさん
機械工学科 2009年3月卒業

電気電子工学科
日本の航空機技術の一端を担う存在になる。 学生の頃からの夢が叶いました。

三菱重工グループ企業で航空機に搭載する「ワイヤーハーネス」という部品の設計、それらの配線レイアウト設計などに携わっています。「ワイヤーハーネス」とは、航空機各所にある電気部品への電源供給や信号通信に用いる電線の束のような装置で、人間に例えるなら全身に通う運動神経にあたります。安全第一の航空機にとって、非常に重要な部品設計を担当することへのやりがいと責任感を日々感じています。何より、大学在学中からの夢だった航空機を作る仕事に就けたことは私にとって何よりの幸せです。現在は、2017年に納入予定の国産新型小型旅客機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」を担当し、航空機開発の最前線で設計に励む毎日です。プロジェクトを成功させ、日本の航空機技術の一端を担う存在になりたいと思います!

中菱エンジニアリング株式会社
大江事業部電気電子技術部航空電装設計室
Y.Yさん
電気電子工学科 2009年3月卒業
大学院総合理工学研究科博士前期課程 2011年3月修了

情報学科
アカウントSEとなり、 顧客の求めるサービスを提供したい。

私はSEとして、中央省庁に対してシステム開発、運用をしています。弊社のSEはデスクワークというより、お客様と会話をしてニーズを引き出す営業に近いです。お客様と会話をすることで更なるニーズを引き出し、より良 いサービスを提供することが弊社SE(アカウントSEと呼んでいます)に求められているスキルです。業務を遂行する中で技術的な知識を吸収し、お客様と会話するといったトーク力も必要なので大変な業務ではありますが、やりがいも十分あります。お客様から評価され、充実したサービスが提供できるSEとなれるよう、これからも業務に励みたいと思います。

沖電気工業株式会社
Y.Oさん
情報学科 2012年3月卒業

社会環境工学科
生活に深くかかわる土木のスペシャリストに。 公務員をめざす人にはおすすめの学科です。

土木と聞いてもあまりイメージがわかず、特に女性には縁のない業種のように思えますが、実際は私たちの生活に深く関係する分野で、学ぶにつれてその楽しさに夢中になりました。社会環境工学科ではこれまでにも多くの先輩方が公務員試験に合格し、技術者として活躍しています。私は現在、国道176号名塩道路や阪神電鉄の高架事業など、国土交通省や県が主導する土木事業における西宮市の担当職員として、事業推進の要望活動から、関連する工事まで、幅広い業務を担当しています。今後もさまざまな経験を積み、土木のスペシャリストとして、ステップアップしていきたいと思います。

西宮市役所 土木局道路部道路事業推進グループ
Y.Iさん
社会環境工学科 2009年3月卒業

このページの先頭へ

MENU閉じる
      訪問者別